【コレステロールサプリの安全性】コレステロールを下げるDHA・EPA

【コレステロールサプリの安全性】コレステロールを下げる安全なサプリとは

当サイトでイチオシのコレステロールサプリはコレステロールを下げるDHA・EPAが豊富なだけでなく、安全性も高いです。

当サイトでイチオシのコレステロールサプリは、DHA・EPA以外にもコレステロールを下げる成分が豊富なのに、国産&GMP工場と安全性にこだわっています。

効果だけでなく、安全性も徹底したコスパの良いコレステロールサプリを選びたいです。

▼DHA・EPAを豊富に含む安全なサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)①:GMP取得工場製造されたコレステロールサプリを選ぶ

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPA)を作るGMPとは

医薬品GMPへの取り組み | 佐藤薬品工業株式会社

GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。 原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められております。(医薬品GMPへの取り組み | 佐藤薬品工業株式会社

GMP取得工場とはいわば、一定の厳しい品質管理基準をクリアした工場に対し、第三者機関が「この工場で作られたものは安全だよ」と評価された工場のことです。

GMPマークを目印に健康食品を選びましょう! – 日本健康・栄養食品

GMPとして認められるためには、公共財団法人 日本健康・栄養食品協会と一般社団法人 日本健康食品規格協会(JHFS)の2つの第三者機関から審査・視察をされてようやくGMPとして認められることができます。

つまり、GMPとして認められるためにはかなり厳しい水準をクリアした工場でないと認定されないので、GMP取得工場で作られたDHA・EPAサプリは基本的に安全といえます。

GMPが安全なコレステロールサプリを作る理由①:検査の仕方が公表されているので安心

こちらは検査項目の一部ですが、このように、GMPでは検査の仕方が公表されているので、その透明性の高さが大きなメリットです。

検査項目が公表されていないと、消費者側としてはどんなやり方で検査をしているのかが分からず、本当に安全性があるかどうか不安になってしまいます。

検査項目が公開されていることでGMPの安全への信頼性の高さを表しています。

GMPが安全なコレステロールサプリを作る理由②:厳格な書類審査から立ち入り検査が実施される

GMPの検査には、このように数多くの過程があります。


そして、このように、書類審査だけでも10個も書類を提出しなければなりません。

書類審査の時点でこれほどまで枚数の書類を提出しなければいけない点で、書類審査を通すだけでも厳しいです。

また、GMPは数え切れないほどの工場を検査してきた実績があるので、その検査のレベルの高さはかなり高いといえます。

この検査のレベルの高さを保っている秘密は、書類審査と立ち入り審査という厳格な検査が実施されていることにあります。

もちろん、当サイトでイチオシのコレステロールサプリも厳格な書類検査と立ち入り検査を行っているので、放射能や水銀などの危険はなく、安全です。

GMPが安全なコレステロールサプリを作る理由③:責任や役割が明確化されているので、安定で失敗の少ない製造が可能になる

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会:GMP認定工場製造製品

このように、GMPの役割には責任を明確にして製造過程の効率化を図ることも目的としています。

製造過程が効率化することで、一人一人の役割が明確になり、ミスが減ります。

そして、役割が明確になるということは製造担当者の責任の範囲も明確に決まってくるので、消費者側からすれ誰に責任を求めればいいのか明確になる点も安心感があります。

つまり、GMPの検査では業務を効率化するよう促すことで、製造者のミスも減るし、我々消費者も安心することができます。

その他のGMPのメリット

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会:GMP認定工場製造製品

上記の画像のように、GMPを取得することでこのようなメリットがあります。

やはり一番大きいメリットは、DHA・EPAサプリによる有害物質からの安全性が保障されている点です。

健康食品の安全性の確保施策 – 厚生労働省にもあるように、厚生労働省でもGMP取得工場で作られたDHA・EPAサプリを推奨されています。

なので、DHA・EPAの安全性を確保するためにも、GMPで認められた工場で作られたコレステロールサプリ
を選ぶようにしましょう。

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)②:国産の魚が原材料で使われているものを選ぶ

特に、値段の安いDHA・EPAサプリでは外国産の魚を使用してDHA・EPAを抽出しているパターンが多いです。

外国産の魚を原材料として使っていると、輸入するまで時間がかかることで品質が劣化したり、品質チェックが日本基準ではなかったりと、日本国産と比べてしまうとどうしても品質に衰えが生じてしまいます。

なので、より高い安全性を求めるのであれば、DHA・EPAサプリの原材料は外国産ではなく国産を選んだほうがより安全性は確証されます。

そのため、コレステロールサプリを選ぶときは、国産の原材料のDHA・EPAサプリを選ぶようにしましょう。

安全なコレステロールサプリを選ぶときは海外のコレステロールサプリを選んではいけない

海外のコレステロールサプリは成分量がバラバラなことが多いからです。

日本であれば、サプリメントの成分量はどの粒も一定の成分量が守られていることが常識ですが、海外産のサプリの場合、粒によって成分量が異なることがよくあります。

例えば、海外産の同じコレステロールサプリでも、含まれてるDHA・EPAの量がある粒は300mgなのに、もう1つ粒は350mgというのがよくあります。

日本のサプリでは成分量を均一にすることは当たり前ですが、海外では成分量がバラバラなのがよくあるので、安全性も効果も損なわれてしまいます。

海外のコレステロールサプリは安全面でも効果面でもおすすめはできません。

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)③:水銀や放射能などの有害物質が除去されているものを選ぶ

DHA・EPAサプリは魚が原材料なので、水銀や放射能などの有害物質が気になってしまうところです。

水銀や放射能が除去されているかどうか客観的に確かめる方法は、GMP取得工場で生産されたかどうかです。

例えば、水銀が体内に入ってしまうと、以下の赤い部分に障害が現れます。

水俣病のあらまし(メチル水銀中毒と神経系) – 国立水俣病総合研究センター

つまり、各脳神経に障害が生じるので、日常の動作ができなくなったり、視界が狭くなったり、感覚がマヒしてしまったりなどの症状が水銀によって現れてしまいますので、DHA・EPAサプリを摂るからには、水銀には特に気を付けたいです。

GMPに乗っ取った品質検査をしていれば、水銀などの有害物質は徹底的に除去されます。

なので、水銀や放射能などの有害物質を避けるために、GMP取得した工場で生産されたDHA・EPAサプリを摂取するようにしましょう。

水銀や放射能が除去されたGMP認定工場で生産された当サイトでイチオシのDHAサプリメントがおすすめです。

H3 安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)④:コンシェルジュなど顧客対応サポートがあるものを選ぶ

我々はコレステロールに関しては素人なので、コレステロールサプリを摂ったとしても、間違った飲み方をしてしまったりと、効果を最大限に発揮させることができない可能性があります。

また、それ以外にも何か疑問点がわいてきたときに、すぐに専門の方に相談できるサポート環境があるだけで、精神的にも安心することができます。

そのため、コレステロールサプリを選ぶときは、専門の方が相談してくれるサービスがあるものを選ぶようにしましょう。

例えば、当サイトでイチオシのコレステロールサプリメントには、専門のコンシェルジュの方が電話で相談してくれるサービスがあります。

このように、相談したいときに全問の方に相談できるサポートがあるので、サポート的な意味で当サイトでイチオシのコレステロールサプリには安全性を大きく感じます。

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)⑤:酸化対策が施されたサプリを選ぶ

酸化したDHA・EPAは効果が半減してしまう

DHA・EPAは酸化しやすい性質があります。

第5号 第3回 EPA、DHAは焼き魚とフライではどちらが多く残るのか?/おいしさLabo(ラボ)/技術開発情報/取り組み・活動/大阪ガスグループ/大阪ガスについて/大阪ガス

このように、DHA・EPAを豊富に含む魚は、揚げたり焼いたりすることでDHA・EPAの含有量が減ってしまいます。

DHA・EPAの量が減ってしまうと、その分、中性脂肪を分解する効果が減ってしまいます。

そうなるとコレステロールサプリを摂っている意味がなくなってしまうので、コレステロールサプリには、DHA・EPAの酸化防止策は必須です。

酸化したDHA・EPAは魚臭くなってしまう

「DHA・EPAは精製直後はにおいません。でも、空気に触れて酸化すればすぐに魚臭くなる」
世界初! 不二製油の「安定化DHA・EPA」が食を変える | BRAND TIMES

不二製油の研究チームのリーダーを務める加藤真晴さんはこのように述べています。

DHA・EPAは魚油から摂取されるので、魚臭さがどうしても残ってしまいますが、その魚臭さはDHA・EPAが酸化することによって引き起こされます。

DHA・EPAの酸化防止策をしないと、魚臭くなってしまい、飲みにくさがかなり増してしまいます。

なので、DHA・EPAの効果を損なわないためにも、魚臭さを予防するためにも、コレステロールサプリに酸化防止の工夫がされていることは必須です。

ビタンミE・クリルオイルのダブル効果で酸化防止をしているコレステロールサプリを選びたいです。

DHA・EPAの酸化を防ぐ効果のあるビタミンEやクリルオイルが入っているサプリを選ぼう

クリルオイルにはアスタキサンチンという、強い抗酸化作用のある成分が豊富に含まれています。

このアスタキサンチンによって、DHA・EPAの酸化を声出ますが、その抗酸化作用はビタミンEの1000倍とも言われています。

また、ビタミンEだけでなく、リコペンなど抗酸化作用が強い成分として有名な他の成分と比べても、アスタキサンチンは抗酸化作用が強いです。

アスタキサンチンとは-アスタキサンチンラボ

このように、酸化に弱いDHA・EPAと、強力な抗酸化作用持つアスタキサンチンの相性はとても良いです。

また、ビタミンEとDHA・EPAの抗酸化作用については、オーソモレキュラー栄養医学研究所では、ビタミンEについて以下のような説明があります。

EPAを守るのに、ビタミンEが大活躍してくれます。ビタミンEは、細胞膜に入り込んで、柔らかいEPAを酸化から守ってくれるのです。(» EPA・DHA|栄養素の説明|栄養療法~薬だけに頼らない根本治療をめざす、心と身体に優しい治療法。|オーソモレキュラー.jp

この文章ではEPAについてのみ記述してありますが、EPAはDHAとほとんどセットで存在するので、EPAだけでなくDHAの抗酸化作用にも効果があります。

クリルオイル(アスタキサンチン)とビタミンEがダブルで含まれているコレステロールサプリを選びたいところです。

安全なコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)⑥:ソフトカプセルのものを選ぶ

ソフトカプセルは酸化に強いので安全性に優れている

当サイトでイチオシのコレステロールサプリは、ソフトカプセルで作られています。ソフトカプセルとは下記の画像のようなタイプです。

このソフトカプセルの最大の特徴は、抗酸化作用が強いことです。

当サイトでイチオシのコレステロールサプリのソフトカプセルにはゼラチンが使われています。

そしてゼラチンには、富士カプセル株式会社も言っているように、酸化に強い性質があります。

医療の現場では、ソフトおよびハードカプセルが代表的です。ゼラチンは人体に無害であり、ゾルーゲルの可逆性を持ち、乾燥によって強固な皮膜を作ります。また、酸素や水分を透しにくいなどの性質もあります。(ゼラチンの用途 | 野洲化学工業株式会社

このように、当サイトでイチオシのコレステロールサプリで扱われているソフトカプセルは酸素透過性が低いので、酸化に弱いDHA・EPAの効果を守ることができます。

成分の含有量のばらつきが少ないので、安全の基準も安定している

ソフトカプセルとは | 富士カプセル株式会社

ソフトカプセルは、機械によって作られているため成分の含有量がどの粒も一定に守られています。

粉末タイプだと、粒がとても細かいので飲む際に少しこぼしてしまってりすることで、摂取する成分量に若干のばらつきが出てしまう恐れがありますが、

ソフトカプセルだと内容物が固められているので、粉末タイプと比べて、こぼしにくく、摂取する水分量にばらつきが生じにくいです。

当サイト、イチオシのコレステロールサプリはソフトカプセルです

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリに対するアレルギーについて

当サイトでイチオシのコレステロールサプリに含まれている成分について解説していきます。

コレステロールサプリのアレルギー①:DHA・EPAサプリはパルブアルブミンが含まれていないので、魚アレルギーの心配はない

DHA・EPAサプリは魚油を使っているので、一番気になってしまうのが魚アレルギーですが、DHA・EPAサプリの場合、魚アレルギーを心配する必要はありません。

魚アレルギーの原因物質の多くはパルブアルブミンによるものです。

パルブアルブミンは分子量1.2万の脊椎動物特有の筋形質(水溶性)タンパク質である。Ca2+結合能をもち、筋肉の弛緩に関与していると考えられている。加熱に対して非常に安定なタンパク質で、アレルゲンになりやすい要件を備えている。((2011年3月発行)魚介類アレルゲンの本体と性状 – SUNATEC

このように、パルブアルブミンというのは、魚アレルギーの原因であり、そして魚の筋肉の動きにかかわる物質なので、主に魚の筋肉にあります。

しかし、DHA・EPAは魚油から摂取されるものであり、魚アレルギーの原因となるパルブアルブミンが多く含まれる魚の筋肉から摂取されるものではありません。

つまり、DHA・EPAサプリは魚アレルギーの原因となる物質がある魚の筋肉から抽出されていないので、DHA・EPAサプリによるアレルギーは基本的に心配ありません。

コレステロールサプリのアレルギー②:甲殻類アレルギー

甲殻類アレルギーの原因物質としてトロポミオシンが挙げられます。

トロポミオシンとは筋繊維を構成する一種の成分のことです。

このトロポミオシンが生まれつきアレルギー反応を起こす体だと、甲殻類アレルギーとして、咳やかゆみなどのアレルギー症状が出てきます。

ひどくなると、体がアレルギー物質に対して過剰な防御反応をすることで、めまいや意識がもうろうとしてしまうこともあります。

当サイトでイチオシのコレステロールサプリにはクリルオイル(アスタキサンチン)という、南極オキアミというエビの一種のオイルが使われています。

そのため、クリルオイル(アスタキサンチン)を含むコレステロールサプリは、甲殻類アレルギーを持つ方だとアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

コレステロールサプリのアレルギー③:大豆アレルギー

大豆アレルギーは大豆の中に含まれるたんぱく質が原因でアレルギー反応を起こします。

当サイトでイチオシのコレステロールサプリに含まれるナットウキナーゼは納豆から抽出された成分です。

つまり、納豆は大豆なので、ナットウキナーゼを含むコレステロールサプリを摂取すると、大豆アレルギー持ちの方はアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

しかし、当サイトでイチオシのコレステロールサプリは加工されているので大豆アレルギーの原因である大豆たんぱく質はあまり含まれていないです。

なので、大豆アレルギーの方でも当サイトでイチオシのコレステロールサプリの摂取は問題ないとされていますが、

大豆アレルギー持ちの方は、念の為、摂取が大丈夫かどうか医師に確認するようにしましょう。

コレステロールサプリのアレルギー④:ミツロウアレルギー

ミツロウとは、ミツバチの巣からハチミツを取った後に残ったもののことです。

ミツロウアレルギーを持つ方は、主に肌に触れることで、かゆみや赤くなるなどのアレルギー反応が出てしまう恐れがあります。

当サイトでイチオシのコレステロールサプリにはミツロウが含まれていますので、ミツロウアレルギーを持っている方は念の為、注意が必要です。

コレステロールサプリのアレルギー⑤:ゼラチンアレルギー

ゼラチンが原因でアレルギー反応を起こす方は、当サイトでイチオシのコレステロールサプリの服用には注意が必要です。

サプリとして作られるときにゼラチンが使われているので、ゼラチンアレルギーを持っている方はアレルギー反応を起こしてしまいます。

ゼラチンを含む食品の摂取によるアレルギー症例は、他の食物アレルギー症例と比較して、非常に数少なく、また重篤な症例は極めて稀であることが公的機関の調査で示されています。

ゼラチンによる食物アレルギーの症例報告が少ない要因の一つとして、ゼラチンが消化によって低アレルゲン化することが、会員会社の(株)ニッピのHPで概説されています。(ゼラチンアレルギー概説 | 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合

しかし、このようにゼラチンによってアレルギー反応を示す方は非常に少ないため、該当する方はあまりいないはずです。

コレステロールサプリのアレルギー⑥:グリセリンアレルギー

グリセリンはコレステロールサプリの形状を整える役割を果たしていますが、ほんの一部の方で、かゆみなどのアレルギー反応を示すことがあります。

しかし、あくまでほんの一部なので、グリセリンによってアレルギーを起こす方は非常に少ないです。

グリセリンアレルギーに関する医学的文献も少ないので、基本的にはグリセリンに対するアレルギーに関しては心配しなくて大丈夫です。

コレステロールサプリを摂取して何か異変を感じたら摂取をやめるという程度にしておきましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】賞味期限が切れたDHA・EPAサプリはどれくらいもつ?

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の賞味期限は1年~3年

  • 当サイトでイチオシのコレステロールサプリの賞味期限・・約2年
  • 大正DHA・EPAの賞味期限・・約1年2か月
  • 美健知箋EPA&DHA・・2年7か月

多くのDHA・EPAサプリは未開封であれば賞味期限は1年から3年ほどになります。

例えば、当サイトでイチオシのコレステロールサプリの場合、賞味期限は約2年ほどです。

実際の過去の体験談を見てみると、2015年12月30日に届いた当サイトでイチオシのコレステロールサプリの賞味期限は2017年11月が賞味期限でした。

このように、DHA・EPAサプリはものによって賞味期限の長さは異なりますが、ほとんどの場合1~3年なので賞味期限を気にする必要はほとんどありません。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の賞味期限の設定の仕方

食品の期限設定の考え方と実例について – 農林水産省

農林水産省によると、食品の賞味期限の設定の仕方は、以下の3つを項目として決められます。

  • 「理化学試験」・・油の酸化具合、水分量、固さ
  • 「微生物試験」・・細菌や有害菌の数
  • 「官能評価」・・実際に食べて味に変化があるかどうか

サプリメントも含めたすべての食品は、これらの項目を検査し、賞味期限を決めます。

なので、DHA・EPAサプリの賞味期限の設定方法は、上記の3項目によって期限が決められます。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の場合、開封後は3か月以内に摂る

よくあるご質問|DHCオンラインショップ

DHA・EPAサプリの開封後の賞味期限は3か月以内です。

これは数多くのサプリメントを販売している大手健康食品会社であるDHCが正式発表している期間なのでまず間違いないです。

開封前は上記で解説した通り、1~3年の賞味期限ですが、開封されてしまうと、それだけ空気に触れたり酸素が入り酸化が進んでしまうので、開封後は賞味期限が3か月とかなり短くなってしまいます。

これはどのDHA・EPAサプリも同じなので、開封後は用法容量を守って、長くとも3か月以内に飲みきりましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリの品質について

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の原材料は国産のものがいい

DHA・EPAは魚を使っているので、特に衛星や品質管理の部分が気になってしまいます。

もし外国産の魚だと、品質管理基準が海外基準になってしまったり、輸入する時間が長くなってしまったりと、どうしても国産と比べてしまうと品質が落ちてしまいがちです。

国内で摂った魚ですと、品質管理は日本基準ですし、加工するまでの時間も外国産と比べると短くなるのでより安全性が高められます。

なので、DHA・EPAサプリの安全性を重視したい場合は国産のものを選ぶようにしましょう

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の原材料は天然素材が使われている

DHA・EPAサプリの原材料では魚や甲殻類などの天然素材が使われています。

サプリメントと聞くと、100%人工物だと勘違いしてしまいがちですが、DHA・EPAは魚や甲殻類の魚油から作られています。

なので、天然素材が使われていないサプリに比べると、DHA・EPAサプリでも天然素材が使われているので安全性は高いです。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)で無添加のものはないが安全

DHA・EPAは、酸化しやすかったり、臭いが強いという性質がどうしてもあるため、添加物を使っているのが現状です。

添加物というと人工物なので体に悪いという印象を持ってしまいがちですが、

DHA・EPAサプリには、DHA・EPAの性質上どうしても添加物が必要になってしまうので、GMP認定工場で添加物の人体への影響を徹底的に検査したうえで、DHA・EPAサプリを安全に生産しています。

当サイトでイチオシのDHAサプリメントはGMP取得工場で生産されいるので安全です。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれる酸化防止剤の安全性

DHA・EPAは酸化しやすい物質です。DHA・EPAが酸化してしまうと、コレステロールや中性脂肪を下げる成分の効果が弱まってしまいます。

しかし、開封して空気に触れたり、体の中で活性酸素に触れるので、DHA・EPAの酸化は避けることができません。

そこで、DHA・EPAの多くはビタミンEが配合された酸化防止剤を使っています。

ビタミンEには酸化を防止する効果があり、ビタミンE自体は自然界に存在しているので、ビタミンE配合の酸化防止剤は、通常の酸化防止剤よりもDHA・EPAの抗酸化作用も安全性も高いです。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれる香料の安全性

DHA・EPAは魚油から抽出されるので、どうしても魚臭さが残ってしまいます。

その独特な魚臭さゆえにDHA・EPAサプリを摂取したくてもできないという声が多いです。

そこで、DHA・EPAサプリの飲みやすさを上げるために、香料が使われることがあります。

例えば、当サイトでイチオシのコレステロールサプリは「オレンジパワーを配合した香料」が使われています。

これのおかげで、DHA・EPAサプリ特有の魚臭さをブロックしているので飲みやすいです。

そのうえ、DHA・EPAサプリはあらゆる食品の品質管理を徹底されるGMP工場で作られている製品が多いです。

GMPを取得した工場で生産されたということは、たとえ香料が入っていても人体には影響がないことが証明されたということです。

なので、DHA・EPAサプリの香料の安全性がどうしても気になってしまう方は、GMPを取得した工場で作られたDHA・EPAサプリを選びましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリに含まれる成分の安全性について

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるDHA・EPAの安全性

DHA・EPAの安全性でよく懸念されるのが、水銀の危険性です。

しかし、GMP取得した工場で生産されたDHA・EPAサプリは水銀の検査も厳しく行っています。

海で摂れた魚からそのまんまDHA・EPAを抽出している場合は別ですが、厳しい品質管理が求められる工場で生産されたDHA・EPAサプリは水銀の心配がないので安心しましょう。

また、画像にあるようにDHA・EPAの注目度は世界中で高まっており、論文の数も右肩上がりです。

このように世界から注目されているということは、控えめにいっても、危険性がある成分ではないことがわかります。

厳しい品質管理と世界中で研究が進んでいることを踏まえると、DHA・EPAの安全性は十分に確保されているといえます。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるDPAの安全性

DPAもDHA・EPAと同じ魚油から摂れる成分で、DHA・EPAと効果も構造もかなり似ています。

北極圏に住む先住民族であるイヌイットは、野菜を食べないので栄養バランスが偏っているかと思いきや、DHA・EPA・DPAを豊富に含む食材を摂取しているため、

生活習慣病にかかっている人はほとんどおらず、むしろ健康的な人が多いです。

この事例から見ると、DPAには少なくとも有害な物質が含まれていないことがわかります。

はるか昔からDPAを摂取し続けてきたイヌイットの人々は、長年健康体で過ごしてきたということを考えると、DPAの安全性は問題ないことがわかります。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)の安全性

クリルオイル(アスタキサンチン)は南極のオキアミから抽出された成分です。

クリルオイル(アスタキサンチン)の安全性もDHA・EPAの安全性と同じで、厳しい品質管理を潜り抜けてDHA・EPAサプリに組み込まれます。

サプリという形で出されていれば、クリルオイル(アスタキサンチン)も基本的に安全面では問題ありません。

クリルオイル(アスタキサンチン)が含まれたおすすめのDHA・EPAサプリは、当サイトでイチオシのコレステロールサプリです。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるナットウキナーゼの安全性

ナットウキナーゼ FAQ – 日本ナットウキナーゼ協会

ナットウキナーゼは血栓を防ぐことで血液サラサラ効果があります。DHA・EPAとアプローチの仕方は違いますが、血液に対して良い影響を持っている点は同じです。

そんなナットウキナーゼは、画像にもあるように、ナットウキナーゼは第三者機関によって規格基準が制定されました。

厚生労働省もかかわっていることもあり、ナットウキナーゼの安全性は確保されている証拠です。

他にも副作用が何年も確認されないことも、ナットウキナーゼの安全性の高さが垣間見えます。

ナットウキナーゼとDHA・EPAが混ざっているサプリをぜひ手にしたいですね。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるビタミンEの安全性

いろいろな機能性を実証するための試験では様々な投与量のEでいろいろな機能性が認められている.その際,副作用の報告はされていない.

Fotmann ら 16)とAlbert ら 17)は E の摂取による死亡率の増加はないと発表している.Curtis ら 18)は,健康成人を対象にしたメタアナリシスでは E 23 ~ 800 IU では全死亡率に影響がないことが報告している.したがって,健康な成人では E 800 IU までは死亡率の上昇はなく,十分に安全性は保たれると発表されている.

結論として,E は抗酸化作用以外でも血管循環の正常維持,肝臓の正常維持,認知の維持,歯の健康維持などのいくつかの重要な新機能を有しており,医薬品,栄養機能食品に加えて,サプリメント,食品などからも適切に摂取することは望ましいと考えられる.(]ビタミンE の新しい機能と安全性 The new functions

このように、ビタミンEの安全性を報告した資料にある通り、ビタミンEの安全性は保障されています。

それは、日本だけでなくアメリカやイギリスを含む世界中の研究所でも同様に、ビタミンEの安全性を保証しています。

世界中の実験から裏付けられているので、ビタミンEの安全性への評価は高いといえるでしょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるビタミンB1の安全性

 一方、通常の食生活においてとり過ぎによる過剰症の心配はほとんどありません。ただし、サプリメントなどからの1日10g程度20日間にわたり大量摂取をすると頭痛、いらだちなどや、かゆみなどの皮ふ症状が報告されています。その利用目的、方法、摂取量に十分に注意して適切なご利用をこころがけてください。(ビタミンB1 | ビタミン | 栄養成分百科 | グリコ

このように、ビタミンB1による副作用の報告があまりない事実を考えると、ビタミンB1の安全性は高いといえます。

しかし、どの成分でもそうなのですが過剰摂取してしまうと、かえって体に逆効果を生み出してしまいますので、

ビタミンB1が含まれるDHA・EPAサプリを摂取する時は、必ず用法容量を守りましょう。

▼安全な成分を豊富に含むコレステロールサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるビタミンB2の安全性

ビタミンB2は主に脂質・糖質・タンパク質の燃焼を促進させる働きがですが、ビタミンB2は水溶性ビタミンという性質があります。

水溶性ビタミンとは字のごとく、水に溶けやすい性質があります。

水に溶けやすいということは、尿として体外へ排出されやすいので、ビタミンB2は体にたまりにくいので安全性が高いです。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)に含まれるビタミンB6の安全性

日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要(PDF:433KB)

こちらは厚生労働省によるビタミンB6の推奨摂取量をまとめたものですが、ビタミンB6の安全性を見るためには、耐容上限量があることに注目したいです。

というのも、ビタミンB6を摂取しすぎると神経障害が起こった事例があるからです。

しかし、逆にいえば、上限量を超えないビタミンB6を含むDHA・EPAサプリであれば、何も問題はありません。

ビタミンB6は過剰摂取すると危険ですが、用法容量を守れば安全ということを憶えておきましょう。

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリは放射能の検査実施済みのものを選ぶ

DHA・EPAサプリは魚を原材料にしているので、放射能に汚染されていないかどうかが心配です。

放射能に汚染されたかどうかは見た目では判断できないですが、少なくとも、生産元の工場の安全性が保障されているのであれば、放射能物資が除去されているはずです。

なので、DHA・EPAサプリは厳しい検査が実査されるGMPを取得した工場で生産されたものを選びましょう。

GMP認定工場であれば、品質管理が徹底されていることが第三者機関によって証明されているので、放射能物質が取り除かれています。

▼放射能検査実施済みのコレステロールサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリは水銀が除去されているものを選ぶ

DHA・EPAサプリで一番気になるのが、水銀による影響です。

なので、DHA・EPAサプリを摂るときは水銀が除去されているものを必ず選びましょう。

そうでないと、万が一、水銀が上限を超えて入ってしまうと神経障害になってしまったり、妊娠中・搾乳中の場合は赤ちゃんにも悪影響が及んでしまいます。

水銀が除去されているかどうか見極めるためには、GMP取得した工場で生産されたもの・原材料は国産の魚を使用しているものを選ぶようにしましょう。

また、低価格にこだわりすぎると、GMPを取得していない工場での生産や原材料が外国産の魚になってしまいます。

安全性が高いものは、格安のものと比べると少し値段が高いのが特徴なので、水銀のリスクを少しでも避けたいのであれば価格でDHA・EPAサプリを選ばないようにしましょう。

▼水銀が除去された安全なコレステロールサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】コレステロールを下げたいなら、DHA・EPAサプリはトクホ(特定保健用食品)を選ばなくても大丈夫

特定保健用食品(トクホ)」とは、有効性、安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに消費者庁(※)の許可を受けた食品のことを指します。 1991年に栄養改善法で法制化された食品で、「特定保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該保健目的が期待できる旨の表示が許可された食品をいう」と定義されています。(「特定保健用食品(トクホ)」とはなんですか? サントリーお客様センター

トクホ(特定保健用食品)は消費者庁によって安全性が示された健康食品のことですが、DHA・EPAサプリはトクホ(特定保健用食品)にこだわらなくても大丈夫です。

トクホ(特定保健用食品)の目的は、我々消費者に「この健康食品は安全ですよ」と伝えることです。

つまり、健康食品が安全であることを伝えるためにトクホ(特定保健用食品)でなくてもいいのです。

なので、DHA・EPAサプリでいえば、GMP取得した工場で生産されたことを証明すれば、DHA・EPAサプリという健康食品の安全性が確保されたことと同じ意味を持ちます。

なので、DHA・EPAサプリはトクホ(特定保健用食品)にこだわらず、安全性が客観的にわかるもの(例えばGMP取得工場で生産)があれば、それを選ぶようにしましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含む安心・安全なサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリの酸化防止・対策について

DHA・EPAが酸化してしまうと、コレステロールを下げる効果が半減してしまいます。

なので、DHA・EPAの効果を最大限に発揮するためには、DHA・EPAの酸化を防ぐ工夫が必須です。

DHA・EPAの酸化を防ぐ方法として、おすすめなのが抗酸化作用がある成分が含まれているサプリを選ぶことです。

具体的にいうと、ビタミンEやクリルオイル(アスタキサンチン)など、DHA・EPAの酸化を防止する成分が入っているサプリをおすすめします。

南極のオキアミのフィッシュオイルから抽出された、クリルオイル(アスタキサンチン)は特に抗酸化作用がビタミンEの1000倍もあるといわれています。

DHA・EPAの効果を最大限に生かすためには、このような酸化防止成分が入っていることがマストです。

▼DHA・EPAの酸化防止成分を含むコレステロールサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAサプリはどうして魚臭いのか

魚に含まれるトルリメチルアミンピペリジンという物質が魚臭さの原因になります。

DHA・EPAは魚油をもとに抽出されていますが、魚油にもこれらの成分がどうしても入ってしまうので、DHA・EPAサプリでも魚臭さが残ってしまいます。

▼魚臭くないDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の魚臭さを感じさせないためには、臭いを消す成分が入ってるDHA・EPAサプリを選ぶ

魚臭さを消したり紛らわせたりする成分が入っているサプリをおすすめします。

例えば、当サイトでイチオシのコレステロールサプリは、以下のようにオレンジパワーを入れることで、DHA・EPAの魚臭さを消して飲みやすくしています。

このように、魚臭さを消す成分があることで、当サイトでイチオシのコレステロールサプリ「臭くなくて飲みやすい」という声をいただいています。

またそのほかにも、DHA・EPAサプリを飲むときは水が理想ですが、魚臭さがどうしても気になってしまう場合は、お茶と一緒に飲むなどすると、魚臭さを大きく防ぐことができます。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の魚臭さは体臭にでてこない

DHA・EPAサプリを摂ることで魚臭さによる体臭は生まれませんが、口から出る息が魚臭くなるなっていることが、体臭が臭いと思われる可能性はあります。

魚臭さが体の中に染みついてしまうイメージをどうしてもしてしまいますが、魚臭さを消す工夫したサプリメント
と自身の飲み方を工夫すればほとんどの場合、体臭への問題はありません。

具体的には、魚臭さを消す成分が含まれたDHA・EPAサプリや、お茶と一緒に飲んだり、飲んだ後に歯を磨くなどです。

【コレステロールサプリの安全性】手術期間のDHA・EPAサプリの安全性について

術前中止薬のリストにコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)があるので手術前は控えたほうがいい

術前中止薬リスト | 薬剤部 | 鳥取大学医学部附属病院

この画像を見るとわかる通り、DHA・EPAサプリは術前中止薬リストにはっきりと書かれていますので、手術前は控えるようにしましょう。

手術前にDHA・EPAサプリを摂取してしまうと、血流や血糖値が通常とは異なる動きになってしまうため、手術に影響を及ぼしてしまう可能性が高いからです。

なので、手術前にDHA・EPAサプリを摂取するのは控えるようにしましょう。

手術後や入院中はコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は飲まないほうがいい

手術後も入院中も、DHA・EPAサプリは控えておきましょう。

手術後や入院中は、体の様子を安静に見なければならない期間であり、食事も通常であれば制限されてしまいます。

そんな中で、DHA・EPAサプリを摂取してしまうと、かえって逆効果を生んでしまう可能性があります。

なので、入院中や手後はDHA・EPAサプリの摂取を控えて、医師の確認をとってからそのあとに摂取するようにしましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの安全性】妊娠中のDHA・EPAサプリの安全性

▼妊娠中でも飲めるDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

妊娠中はいつから、いつまでコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲んでも大丈夫なのか?

妊娠中でもDHA・EPAサプリは基本的にはいつから飲んでも、いつまでも飲んでも大丈夫です。

むしろ、DHA・EPAは発達中の赤ちゃんに必須な成分なので、妊娠中は積極的に摂取したいです。

妊娠中というと、DHA・EPAは魚が主成分だから水銀などで赤ちゃんに影響が出てしまわないか心配という声をよく聞きます。

しかし、一部のDHA・EPAサプリは、安全と品質が保証されるGMP認定工場で生産されます。

GMP取得工場では、厳しい品質や安全性の検査を通すので、基本的に水銀を含む有害物質は問題ありません。

しかし、とはいえ、妊娠中ということで何が原因で赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうかもわからないので、DHA・EPAサプリを摂取するときは必ず医者の承諾を得てから摂取するようにしましょう。

妊娠初期にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は飲まなくていい

妊娠初期はお腹の中の胎児は、脳や脊髄などの中枢神経を生成する大変重要な時期であり、10週目前後になってくると頭など体が出来上がってきます。

つまり、妊娠初期は細胞分裂が活発な時期です。

そのような時期にはまだDHA・EPAは必要ではなく、どちらかと言うと、葉酸が必要になってきます。

葉酸は細胞分裂をする際に必要になってくる成分なので、不足してしまうと細胞分裂が不完全になってしまいます。

なので、妊娠初期はDHA・EPAではなく、どちらかと言うと葉酸を摂取するようにしましょう。

妊娠中期にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は飲まなくていい

妊娠中期になるとある程度、神経や各種細胞がそろってきます。

その段階で必要になるのが、血液と骨です。

そのため、血液を増やすために鉄分、骨を作るためにカルシウムが妊娠中期で必要な成分です。

なので、この時期もDHA・EPAがに必要ではないわけではありませんが、普段の食生活を気をつけていれば、わざわざサプリで摂取する必要はありません。

妊娠後期からのコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の安全性

神経や各種細胞ができあがり、それによって骨や血液も充実してくると、妊娠後期から脳の急速な発達が進みます。

脳の発達は、脳内で情報を伝え合うシナプスが増えることで脳が発達するので、シナプスの材料であるDHAがたくさん必要になります。

この赤ちゃんの脳が発達するタイミングである妊娠後期に、DHA・EPAサプリを摂取することで、赤ちゃんの健康な体作りにつながります。

なので、妊娠後期になりましたら徐々にDHA・EPAサプリを飲んでみましょう。

【コレステロールサプリの安全性】産後・授乳中のDHA・EPAの安全性

▼産後・搾乳中でも飲めるDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲んでも、産後・搾乳中の母乳には影響は出ない

DHA・EPAサプリを産後の搾乳中に摂るとなると、水銀などの有害物質が母乳を通して赤ちゃんに悪影響をおよぼしてしまわないかどうか心配ですが、

DHA・EPAサプリの場合、それほど心配になる必要はありません。

なぜなら、DHA・EPAサプリは多くの場合、品質管理が徹底されているからです。

例えば、当サイトでイチオシのコレステロールサプリの場合は、このように「GMP」という徹底した品質管理がされることを保障された工場で生産されています。

このGMP取得工場の生産過程で何度も何度も厳しい検査にかけることで、水銀などの有害物質は取り除かれます。

そのため、搾乳中の母乳を通じて、DHA・EPAサプリによって赤ちゃんへ有害な物質に影響されることはほぼありません。

【コレステロールサプリの安全性】DHA・EPAと同じオメガ3のα-リノレン酸の安全性について

α-リノレン酸は厚生労働省が摂取を推奨する成分

3 脂質 – 厚生労働省

このようにα-リノレン酸は厚生労働省でも摂取が推奨されている成分です。

α-リノレン酸は人体内で生成はされず、食事からしか摂取することのできない貴重な成分です。

厚生労働省は国の公的機関なので、その厚生労働省が摂取すべきと言うくらいですからα-リノレン酸の安全性への信頼度は高いです。

α-リノレン酸には副作用がない

α-リノレン酸による副作用は基本的に無いとされています。

α-リノレン酸はDHA・EPAの元となる成分なので、アレルギー反応を起こしたりなど体に悪影響を及ぼす可能性は低いです。

α‒リノレン酸摂取量の増加が前立腺がんのリスクになることを示す欧米での研究報告がある。(3 脂質 – 厚生労働省

しかし、厚生労働省のページを見ると、α-リノレン酸の摂取しすぎによって、前立腺がんが発症してしまうというケースもあるので、摂りすぎには注意が必要です。

α-リノレン酸は機能性表示食品に使われる成分なので安全

機能性表示食品とは

事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。(「機能性表示食品」って何? – 消費者庁

このように、α-リノレン酸は機能性表示食品でも使われている成分です。

つまり、「この食品は安全ですよ」というのを消費者庁が保証したことの証です。

そんな機能性表示食品にα-リノレン酸は使われるので、いかにα-リノレン酸の安全性への信頼度が高いかが分かると思います。

α-リノレン酸は酸化に弱いので、酸化対策が必須

α-リノレン酸はDHA・EPAの元となる成分です。

DHA・EPAは酸化に弱い性質を持つので、α-リノレン酸も酸化には弱い作りになっています。

α-リノレン酸の効果をしっかり届けるためにも、ビタミンEやクリルオイル(アスタキサンチン)が配合されるなど、酸化対策が施されたコレステロールサプリを選ぶようにしましょう。

α-リノレン酸は魚から摂取されるので、GMP工場で生産されたものを選ぶと安心

GMP工場とは、食品を販売する工場の管理体制から実際の食品の厳しい検査を行い、安全性があるとして認定された工場のことです。

特に食品の検査では有害物質・製品の成分量・生成方法などあらゆる側面で厳しくチェックされます。

α-リノレン酸は植物性油から摂取されるので、魚油から摂取されるDHA・EPAよりかは安全度は高いですが、

安全性をより確立させるためにも、α-リノレン酸が含まれたサプリを摂取するときはGMPの認定をもらった工場で作られたかどうかを必ず確認しましょう。

▼おすすめのDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です