【コレステロールを下げるサプリの効果】中性脂肪を減らすDHAとEPA

【コレステロールを下げるサプリの効果】コレステロールサプリを飲む3つのメリット

中性脂肪を下げるコレステロールサプリの効果を求めるのであれば、他のコレステロールサプリと差別化できたサプリを選びたいです。

コレステロールサプリの「きなり」は、コレステロールを下げる効果として有名なDHA・EPAだけでなく、クリルオイル・ナットウキナーゼ・希少成分のDPAによる複合効果で中性脂肪・コレステロールを下げます。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリを飲むメリット①:血管系の病気を予防できる

心筋梗塞や脳梗塞といった生活習慣病は血管がつまることによって引き起こされてしまいます。

血管が詰まってしまう原因というのが、コレステロールです。

コレステロールの血中割合が増えることで血流が悪化し、心臓や脳へ血液が行き渡らないことで血管系の病気へ発展します。

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気①:心筋梗塞

心筋梗塞の原因・メカニズム

急性心筋梗塞とは | 急性心筋梗塞.com – 急性心筋梗塞の患者さんをサポートする情報サイト

心臓は、血液を全身に送る“ポンプ”の働きをしています。ポンプとして働くために、心臓の筋肉(心筋)自身も、酸素や栄養を必要とします。その血液を供給するのが、心臓を取り囲むように広がっている「冠動脈」と呼ばれる血管です。この冠動脈で、血管壁が硬くなる「動脈硬化」が進んだりして、血管の内腔が狭くなるのが「狭心症」、完全に詰まるのが「心筋梗塞」です。http://xn--ymsx5oniia519h1i2a.com/about/

このように、心筋梗塞とは心臓を取り囲む頸動脈の血液が完全に止まる病気です。

心臓を取り囲む頸動脈は頭に血を送るための血管なので、他の血管よりも人体の生命維持活動に大きく関わっている血管です。

脳に血を送り込まないと栄養分が行き渡らず、人体としての活動が停止してしまいます。

そのため、このような生命に関わる頸動脈が動脈硬化などで血の流れが完全に塞がってしまうと、生命に関わってしまうのです。

ではなぜ塞がってしまうかというと、プラークと血栓というものがたまってしまうからです。

プラークとは酸化した悪玉コレステロールがたまって固まったものです。

脂っこい食事が多くなると血中のコレステロールや中性脂肪の割合が高まり高血圧になります。

高血圧になると血流の流れが強くなり血管の中の壁に負担をかけ、やがて傷がついてしまいます。

その血管の中の壁についた傷の中に、悪玉コレステロールが入り込み、中でやがて酸化します。

傷に入り込んだ酸化した悪玉コレステロールを取り除こうと、免疫反応として白血球の一種であるマクロファージが酸化した悪玉コレステロールを取り込みます。

このようにして、酸化した悪玉コレステロールを取り込んだマクロファージが血管の壁にたまる状態を「プラーク」といい、このプラークにより血液の流れをさらに悪化させます。

つまり、コレステロールを取り込んだ免疫系細胞が死んで固まることで血液の流れを悪化させてしまいます。

また、血栓というのは血管内で傷ついた箇所を埋めようと血が集まって固まったものをいいます。

高血圧により傷ついた血管の壁を修復しようと自己防衛反応が働くことで血が集まってその傷を塞ぎ固めます。

しかし、そのようにして血の塊である血栓が増えることで血液の流れが悪くなってしまい、やがて血の流れを完全に止めることで心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

つまり、心筋梗塞は脳に血を送る生命活動に関わる血管である頸動脈内で、血の塊である血栓と酸化した悪玉コレステロールの塊であるプラークが血液の流れを塞ぐことで引き起こされてしまいます。

心筋梗塞を予防するおすすめサプリ:DHAサプリメント「きなり」

DHA・EPAが心筋梗塞を予防する

心筋梗塞を予防する方法は、血中のコレステロールを減らすことが予防策の代表的なものです。

上記でも説明した通り、心筋梗塞の原因である、頸動脈の流れが完全に止まってしまうのは、血の塊である血栓と死んだ悪玉コレステロールの塊であるプラークが血液の流れを塞いでしまってるからです。

では、そもそもなぜ血栓とプラークができるかというと、血中のコレステロールや中性脂肪がそもそも増えるからです。

これらが血中で増えることで血液の通り道が狭くなることで血圧が高くなり、血管の壁を傷つけることで自己防衛反応として血栓とプラークができます。

つまり、心筋梗塞を予防するためには、血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことが大切です。

DHA・EPAサプリに含まれるDHA・EPAは血中のコレステロールや中性脂肪を分解する効果があります。

DHA・EPAを多く含むコレステロールサプリを摂取することで、高血圧が改善されて心筋梗塞を防ぐことができます。

テキストリンク文脈に合わせて

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気②:狭心症

狭心症の原因・メカニズム

狭心症は心筋梗塞とかなり似ていますが、大きな違いは心筋梗塞が心臓の頸動脈の流れが完全に止めるのに対し、狭心症は頸動脈の流れは完全に止まってはいないが、流れが悪い状態のことです。

つまり、狭心症は心筋梗塞の一歩手前の状態を言います。

なので、狭心症の基本的なメカニズムや原因は心筋梗塞と一緒ですが、狭心症には血栓のある狭心症と血栓のない狭心症の2つに大きく別れます。

1つは血栓のない狭心症です。


急性心筋梗塞とは | 急性心筋梗塞.com – 急性心筋梗塞の患者さんをサポートする情報サイト

こちらは死んだ悪玉コレステロールの塊であるプラークが大きくなることで血管内の壁が分厚くなり、破れないので血の塊である血栓ができてない状態です。

血栓はできていませんが、血液の流れがわるくなってることは間違い無いので、心臓に血液が十分に送らず、狭心症になるおそれがあります。

また、もう1つの狭心症の種類は血栓ができてるパターンです。


急性心筋梗塞とは | 急性心筋梗塞.com – 急性心筋梗塞の患者さんをサポートする情報サイト

こちらは死んだ悪玉コレステロールの塊であるプラークが血管内の壁をやぶったことで、自己防衛反応として血が集まって固まることで血栓ができてる状態です。

このようになると、先ほどのプラークのみの場合よりも血液の流れがさらに悪くなり、この状態になると心筋梗塞にかなり近づいてしまいます。

狭心症を予防するおすすめのコレステロールサプリ:DHAサプリメント「きなり」

DHA・EPAが狭心症を予防する

狭心症は心筋梗塞の一歩手前の状態なので、基本的には心筋梗塞と予防方法は同じです。

「死んだ悪玉コレステロールの塊であるプラーク」と「血の塊である血栓」を血管内で作らせないためには、血中のコレステロールと中性脂肪を減らすことが大きな予防策です。

血中のコレステロールや中性脂肪が少なければ、血液の流れを阻害するものがなくなり、血圧が下がります。

血圧が下がることで血管の壁に傷が付くことがなくなるので、血管が傷つくことでできる、死んだ悪玉コレステロールの塊のプラークや血の塊である血栓ができなくなり、血液はスムーズに心臓へと送られます。

DHA・EPAは血中のコレステロールと中性脂肪を減らすことができるので、狭心症の予防になります。

▼コレステロール・中性脂肪を減らして狭心症を予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気③:心不全

心不全の原因・メカニズム

「心不全」という言葉は病気の名前ではありません。心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態を「心不全」と呼びます。心臓のポンプ機能が低下し、肺や全身に必要な量の血液を送り出せなくなるため、他の臓器に異常が起きたり、心臓が正常に働かなくなったりするといった現象が起こります。心臓病以外にも、様々な病気によって心不全の状態が引き起こされることがあります。http://www.shinfuzen.com/patient/heart-failure/description/

心不全とはつまり、心臓から全身は血液を送りだせなくなってる状態のことを言います。

心不全になると以下のような症状が起きます。


心不全とは? | 心不全がよくわかる 心不全.com | 日本メドトロニック株式会社

心不全はいわば、体や内臓を動かすために必要な血液が全身に行き渡っていない状態なので、血の通うところであればどこでも悪影響を及ぼしてしまいます。

そんな、心不全の原因は先天的なものもありますが、高血圧によるものが多いです。

高血圧により血管内の壁が傷つくことで、死んだ悪玉コレステロールの塊であるプラークや傷を塞ぐための血の塊である血栓により、血の流れを悪化させます。

血の流れが悪くなるので、全身に血液が送れず心不全として様々な症状が現れます。

関連:心不全を防ぎたい方向けのコレステロールサプリ

DHA・EPAが心不全を予防する

心不全を予防する方法は血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことです。

血液の流れがそもそも悪くなる原因である高血圧や血中のコレステロール・中性脂肪の割合の高さを改善することで血流が良くなり、心不全が改善されます。

血中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、DHA・EPAが効果的です。

DHA・EPAには中性脂肪を分解する効果があり、コレステロールは中性脂肪を元に作られるため、中性脂肪を分解することでコレステロールも減らすことができます。

DHA・EPAを多く含むコレステロールサプリは、コレステロール・中性脂肪を下げるのに大きな効果を発揮しますので、心不全の予防には効果的です。

▼心不全になりたくない!▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気④:心肥大

心肥大の原因・メカニズム

心肥大|高血圧と合併症|大日本住友製薬

高血圧により血液が全身に行き渡りにくくなることで、心臓はさらに強い力で全身に強い力をかけて血を送ろうとします。

すると、心臓から全身に血を送るときに使う筋肉である、心筋が鍛えられてしまうことで、筋繊維が大きくなり、それにつれて心臓が大きくなる症状です。

心臓の筋繊維が太く大きくなってしまうことで、心臓が血液を送り出す時に縮む動きが小さくなってしまいます。

心臓が縮む動きが減ってしまうことで、全身に送る血液の量が減ってしまいます。

つまり、心肥大になると、全身に送る血液の量が減ってしまいます。

心肥大の体全身における血液量が減ってしまうと、全身に血をめぐらせることができず、心不全に似たような症状を起こしてしまいます。

DHA・EPAが心肥大を予防する

心肥大の原因は様々なものがありますが、大きな原因は高血圧です。

そして高血圧の原因は血中の中性脂肪やコレステロールが血管内の壁に付着し、血の流れを妨げることで、血液の圧力が強くなってしまいます。

血液の通り道が狭くなるため、全身に血を送るとなると心臓がより強く動かなければなりません。

心臓がより強く動いてしまうと心筋繊維が太くなってしまうため心肥大なってしまいます。

なので、心肥大を防ぐためには血中の中性脂肪やコレステロールを減らして高血圧を防ぐことです。

DHA・EPAは中性脂肪やコレステロールを下げる効果がありますので、心肥大の予防にはかなり効果的です。

DHA・EPAを多く含み、その他にもコレステロールや中性脂肪を下げる成分が多く含まれているサプリであれば、心肥大を防ぐ効果として大きな期待ができます。

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気⑤:高脂血症(脂質異常症)

高脂血症(脂質異常症)の原因・メカニズム

高脂血症(脂質異常症)とは血中のコレステロールや中性脂肪が多くなっている状態のことを言います。

高脂血症(脂質異常症)になると、コレステロールや中性脂肪で血の流れをさえぎることで、全身に栄養を行き渡らせることができなくなってしまいます。

これが心臓の頸動脈で起こってしまうと、狭心症、もしくは心筋梗塞につながります。

このように、血中にコレステロールや中性脂肪がたまる高脂血症(脂質異常症)は死に至る生活習慣病を招いてしまうので危険です。

DHA・EPAが高脂血症を予防する

血中のコレステロールや中性脂肪を下げることが1番の高脂血症(脂質異常症)に対する予防法です。

そのためには、コレステロールや中性脂肪を分解するDHA・EPAを摂取するようにしましょう。

オススメはDHA・EPAを多く含むサプリだと効率的に摂取することができます。

ナットウキナーゼが高脂血症を予防する

さらに、DHA・EPA以外にもコレステロールを下げるのに効果のあるナットウキナーゼを摂るとさらに効果があります。

ナットウキナーゼには血液サラサラ効果があるので、高脂血症の予防につながります。

高脂血症(脂質異常症)を予防するためには、DHA・EPAサプリをとりつつ、

ナットウキナーゼなど中性脂肪やコレステロールを減らす他の成分が含まれるサプリを摂取することが、コレステロールや中性脂肪を下げることが1番の方法です。

▼ナットウキナーゼとDHA・EPAが含まれるサプリで高脂血症を予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気⑧:脳梗塞

脳梗塞の原因・メカニズム

脳梗塞とは、心臓から脳へ血液を送る血管が詰まってしまうことで脳に栄養や血が行き渡らないことによって引き起こされてしまいます。

脳に血や栄養が足りてないと脳細胞が死んでしまい、脳が活動を停止してしまい死に至ります。

心臓から脳へつながる血管の中の血液がふさがれてしまう原因は高血圧による血流の悪さだったり、血管内で傷がついたことによってできた血の塊です。

これらが血流をさえぎることで脳に血が行き渡らなくなります。

DHA・EPAが脳梗塞を予防する

脳梗塞を予防する方法は血流をさえぎる原因になってしまう高血圧や高血糖を改善することです。

上記で解説した通り、脳に血が行き渡らなくなる原因は血管内に血の塊の他にも、血中の中性脂肪やコレステロール濃度が高くなることでこれらが血管内の壁に付着してしまい血流がふさがれてしまうことも原因の1つです。

そのため、脳梗塞を防ぐには、まず血中の中性脂肪やコレステロール濃度を減らすことが大切です。

DHA・EPAを含むコレステロールサプリは中性脂肪を分解しコレステロールを減らす働きがあります。

このようにDHA・EPAサプリを摂取することで高血圧を解決し脳梗塞を防ぐことができます。

ビタミンEが脳梗塞を予防する

その他にもDHA・EPAは酸化に弱いので、DHA・EPAの酸化を防ぐためのビタミンEなどを含むものが望ましいです。

ビタミンEがあることで、DHA・EPAの酸化を防ぎ、DHA・EPAの効果を最大限に引き上げます。

なのでビタミンEの摂取は間接的に、脳梗塞の予防につながってきます。

コレステロールを下げるサプリで効果のある血管系の病気⑨:脳内出血

脳内出血の原因・メカニズム

脳内出血とは、脳内の細かい血管が破裂してしまうことを指します。

脳内の血管が破裂することによって血の塊が作られ、その塊が脳内の血液をさえぎることで脳細胞に障害が起きてしまいます。

脳内の血管が破裂してしまう原因の多くは高血圧により血管に負担をかけてしまうことです。

脳内出血を起こしてしまうと、半身の麻痺、感覚の異常、言語障害などが発症してしまいます。

DHA・EPAが脳内出血を予防する

脳内出血を予防するのにも高血圧予防が大切です。

高血圧は普段の食生活による原因が多いですが、いきなり食生活を変えるのが難しいという方にはDHA・EPAサプリをおすすめします。

DHA・EPAには高血圧の原因となる中性脂肪を分解する効果があります。

DHA・EPAを摂取することで、高血圧の原因である中性脂肪を分解することができるので、高血圧を改善でき、脳内出血も解決することができます

▼DHA・EPAサプリで血液系の生活習慣病を予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリを飲むメリット②:神経系の病気を予防できる

コレステロールを下げるサプリで効果のある神経系の病気①:糖尿病神経障害

糖尿病神経障害の原因・メカニズム

糖尿病神経障害は、糖尿病の三大合併症の1つと言われており、手足の先に痺れを感じるようになり、次第に末端組織まで痺れが広がってくる神経障害です。

糖尿病神経障害の原因は明確にされていませんが、有力な説としては血糖値が高いことによる毛細血管の圧迫が原因とされています。

血中の糖度が高くなることで、毛細血管などの細やかな血管の流れが悪くなります。

毛細血管は手足などに栄養を送る働きがあるので、毛細血管の血流悪化は手足に栄養が行き渡らないことを意味します。

それゆえ、手足に痺れが生じてしまいます。

DHA・EPAが糖尿病神経障害を予防する

糖尿病神経障害を予防するためには、血糖値を下げることです。

血糖値が下がれば毛細血管をはじめとした血管内の血流の流れが改善されます。

血糖値を下げるためには、DHA・EPAサプリが有効です。

シンガポールで行われた実験では、特にEPAに、血糖値を下げる効果、血糖値を下げる働きをするインスリンの活性化が確認されました。

なので、血糖値を下げる効果のあるDHA・EPAサプリは糖尿病神経障害を防ぐのに効果的と言えます。

コレステロールを下げるサプリで効果のある神経系の病気②:認知症

認知症の原因・メカニズム

血管性認知症とは|認知症の基礎知識|相談e-65.net

認知症というとアルツハイマーなどが浮かびますが、コレステロールや中性脂肪を気にする方にはぜひ脳血管性認知症にご注意して頂きたいです。

脳血管性認知症とは、高血圧や高血糖値により脳内出血が始まることで、その周りの神経細胞にダメージを受けることによって引き起こされます。

脳血管性認知症になると、ダメージを受けた脳の部位にやって症状は異なりますが、手足のしびれや感覚麻痺など様々な神経障害が現れます。

DHA・EPAが認知症を予防する

脳血管性認知症の原因は高血圧や高血糖値によります。

なので、脳血管性認知症を予防するためには高血圧を高血糖値を減らす工夫が必要です。

そこでおすすめなのがDHA・EPAです。

DHA・EPAには中性脂肪を下げて高血圧を予防したり、血糖値を下げる効果も実験で確認されています。

そのため、DHA・EPAを含むサプリであれば、気軽にDHA・EPAを摂取できるので、忙しい方には効率よく高血圧と高血糖値を改善できます。

高血圧と高血糖値が改善できれば、脳血管性認知症を予防することができます。

コレステロールを下げるサプリで効果のある神経系の病気③:不整脈

不整脈の原因・メカニズム

不整脈は脈の打ち方が早くなったり遅くなったりと不自然な動きになるのが特徴です。

心臓の脈は電気により動いています。

怖い不整脈と怖くない不整脈 | 心臓 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

画像の上部にある洞結節という部分から電気が流れ、心臓は刺激を受けて脈を打ちます。

しかし、その洞結節から出てくる電気が流れて別の場所から電気が流れると、不規則な脈の打ち方をしてしまうため、不整脈になってしまいます。

不整脈は神経によるものなので、血管関連の病気ではありませんが、主に心筋梗塞や心不全などの病気にかかっている方に多く見られます。

つまり、心筋梗塞や心不全の原因である高血圧は、直接不整脈の原因にはなりませんが、間接的に不整脈の原因となりうるのです。

DHA・EPAが不整脈を予防する

上記でも解説した通り、心筋梗塞や心不全になる方の多くに不整脈が見られる傾向があります。

そのため、心筋梗塞や心不全を防ぐことが不整脈の対策につながります。

なので、不整脈を予防するためには高血圧を改善することが大切です。

中性脂肪を減らす働きのあるDHA・EPAを摂取することで、高血圧の原因である中性脂肪やコレステロールを減らすことができます。

つまり、DHA・EPAサプリは高血圧が原因である心筋梗塞や心不全を予防することができるので、間接的に不整脈も防ぐことができます。

▼神経系の生活習慣病を予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールを下げるサプリを飲むメリット③:免疫系の病気を予防できる

コレステロールを下げるサプリで効果のある免疫系の病気①:がん

がんの原因・メカニズム

STEP1 がんと免疫 がんの発生と免疫 | Immuno-Oncology がん免疫とは? | ONO ONCOLOGY

がんは細胞の遺伝子が変化することで、通常の細胞ではない、異常な細胞が増えた状態のことを言います。

通常、細胞が変化するときに異常な細胞になると免疫機能が働き、がん細胞になるのを防ぎます。

しかし、その免疫の働きが弱まってしまうと、がん細胞が増えるのを防ぎきることができず、本格的にがんになってしまいます。

DHA・EPAが、がんを予防する
  • 膵がん
  • 乳がん
  • 結腸がん
  • 肝細胞がん
  • 肺がん
  • 食道がん

日本静脈経腸栄養学会雑誌によると、DHA・EPAのうち、特にEPAは上記のような、がんにおいて効果があることが数多くの実験から立証されています。

このように、DHA・EPAにはがんを防いだり改善したりする効果があるとされています。

DHA・EPAを効率よく摂るには食事では効率が悪いので、サプリメントが有効です。

DHA・EPAが含まれているサプリメントを摂取してがんを予防しましょう。

▼がんになりたくない、予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールを下げるサプリの効果】悪玉(LDL)コレステロールが血管内にたまることで高血圧になる

そもそもコレステロールとは何か?

コレステロールは人間の全身を作っている細胞の膜を形作っているほか、性ホルモンや副腎皮質ホルモン、胆汁酸などを作る材料にもなっています。それだけでなくビタミン類などを代謝する役割もあり、人間の身体にとってはとても重要なのです。(コレステロールについて正しく知ろう【LDLとHDL】|医療保険はソニー損保

コレステロールとは、主に細胞膜の元になるなど、上記の画像のように様々な役割があります。

コレステロールと聞くと一見、体に悪いものと思われがちですが、体には必要不可欠な成分です。

しかし、コレステロールの中でも、悪玉(LDL)コレステロールのような物質が増えてしまうと、血圧を上げてしまう要因になってしまいます。

悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールの違い

コレステロールに要注意 | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

コレステロールには画像のように悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールというものがあります。

両社の違いについては上記の画像のとおりですが、悪玉(LDL)コレステロールが増えてしまうと、血中のコレステロール濃度が高くなり、血液の通り道をふさいでしまいます。

血液の通り道が狭くなると、血圧が上がって動脈硬化などの生活習慣病につながりかねないです。

つまり、悪玉(LDL)コレステロールが増えてしまうと生活習慣病のリスクが高まるので、悪玉(LDL)コレステロールを減らして、善玉(HDL)コレステロールを多く摂取しましょう。

悪玉(LDL)コレステロールを減らして、生活習慣病を防ぎたいですね。

悪玉(LDL)コレステロールが高血圧を引き起こして、生活習慣病になってしまう

高血圧にかかわるコレステロールは悪玉(LDL)コレステロールのほうです。

悪玉(LDL)コレステロールは、血管の中で傷がついてしまうとその中に入り込んでしまう動きがあります。

血管の傷の中に入った悪玉(LDL)コレステロールはそのまま塊となり、画像のように血管の通り道の一部が膨らみます。

つまり、悪玉(LDL)コレステロールが入ることによって血管の通り道が狭くなり、血流の流れが悪くなってしまいます。

血流の流れ道が狭いと流れる血液の圧が高まってしまい、高血圧となります。

高血圧になると、血の流れが悪くなるので動脈硬化になり、もっとひどくなると心筋梗塞や心不全になり、最悪の場合、死に至ります。

なので、コレステロールを減らすことが高血圧を予防し、生活習慣病を治すことができます。

▼悪玉コレステロールを減らして、生活習慣病を予防したい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールを下げるサプリの効果】コレステロールサプリの様々な効果

コレステロールを下げるための成分は様々なものがあります。

またコレステロールを下げるだけなく、コレステロールを下げる効果を高める成分やコレステロールの元となる中性脂肪を分解する効果のある成分もあります。

ここでは、直接的にも間接的にもコレステロールを下げる効果のある成分を紹介します。

▼コレステロールを効率よく落としたい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果がある

DHAの効果:生活習慣病の予防・改善 | DHAのチカラ | マルハニチロ株式会社株式会社

DHA・EPAはこれまで説明した通り、中性脂肪・悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果があります。

これは上記の画像のような実験でも実証されているとおりです。

(引用元:中性脂肪値を下げる!EPA・DHA効果とは?

DHA・EPAは肝臓内にてコレステロールの元となる中性脂肪を分解する働きがあります。

つまり、DHA・EPAを摂取することで中性脂肪が減るので、中性脂肪を元に作られるコレステロールも減ることになります。

クリルオイル(アスタキサンチン)の効果①:悪玉(LDL)コレステロールを下げる効果がある

 

クリルオイル(アスタキサンチン)は南極に住むエビの一種であるオキアミから抽出されたオイルのことです。

このクリルオイル(アスタキサンチン)にもコレステロールを下げる効果があります。

クリルオイル(アスタキサンチン)にもDHA・EPAが含まれているので、そのおかげでコレステロールを減らすこができていますが、クリルオイルのコレステロールへの効果はこれだけではありません。

クリルオイル(アスタキサンチン)の効果②:DHA・EPAや悪玉(LDL)コレステロールへの強い抗酸化作用&リン脂質結合型なので体への吸収率が高まる

クリルオイル(アスタキサンチン)に含まれるDHA・EPAが直接コレステロールを減らすのですが、クリルオイルにはDHA・EPAの働きを支える効果がいくつかあります。

  • 酸化を防止する効果
  • 水に溶けやすいリン脂質結合型なので吸収率がいい

リン脂質結合型とは、水に溶けやすい性質があることを表す言葉です。

DHA・EPAは油なので水分へ混ざりにくいですが、水に溶けやすいリン脂質結合型であるクリルオイル(アスタキサンチン)が混ざることで、体内のDHA・EPAの吸収率が上がります。

DHA・EPAの吸収率が上がるのでその分、コレステロールへの効果が発揮されます。

このように、クリルオイル(アスタキサンチン)はDHA・EPAによるコレステロール減少効果はもちろん、それ以外にもDHA・EPAの働きを最大限にサポートすることでコレステロールを減らします。

クリルオイル(アスタキサンチン)とDHA・EPAが入ったおすすめサプリは、DHAサプリメント「きなり」

DPA(ドコサペンタエン酸)にはコレステロール値を正常に戻す働きがある

DPAはDHA・EPAと同じオメガ脂肪酸と同じ種類ですが、その違いはEPAよりもかなり強い血液サラサラ効果があることです。

DPAのコレステロールへの主な効果は、血管内にコレステロールが付着するのを防ぐことです。

血液内のコレステロールの付着を減らすので必然的に、血液内のコレステロールが減ります。

なので、DPAは余分なコレステロールを減らして、コレステロールの数値を正常に戻る働きがあります。

DPAが含まれるおすすめのDHA・EPAサプリは、DHAサプリメント「きなり」です!

ビタミンEには悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐ効果がある

ビタミンEには強い酸化防止効果があります。

悪玉(LDL)コレステロールは酸化してしまうと、血管の壁に傷をつけてその中に入り込んで固まる動きがあります。

つまり、悪玉(LDL)コレステロールの酸化により、高血圧が進んでしまいます。

そこでビタミンEの強い抗酸化作用により、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐことができるので、血管を傷つける動きも減ります。

ビタミンB2には過酸化脂質を分解する効果がある

過酸化物質は主に中性脂肪が酸化したものが代表的な過酸化物質です。

例えば、中性脂肪が酸化してしまうと細胞の中で、細胞を傷つけてしまう活性酸素という物質を新たに作ります。

この活性酸素によって血管に傷がつき、その傷に悪玉(LDL)コレステロールや血の塊である血栓が入り込むことで、高血圧を引き起こします。

つまり、過酸化物質が心筋梗塞や心不全の原因である高血圧を引き起こしてしまいます。

ビタミンB2には、そんな脂肪酸の酸化を防ぐ効果があります。

ビタミンB2があることによって、中性脂肪が酸化しないので血管の壁を傷つくことが減りますので、ビタミンB2は結果的にコレステロールを減らす効果が期待できます。

▼ビタミン類が豊富なDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAがダイエット効果をもたらす

DHA・EPAには中性脂肪を分解する効果があります。

太る原因というのは、中性脂肪がお腹にたまってしまうことで太ってしまいます。

なので、脂肪を分解するDHA・EPAを摂取することでお腹に脂肪がたまらなくなり、ダイエット効果を期待することができます。

▼中性脂肪を減らして、お腹に脂肪を貯めたくない!▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには脂質を分解し、中性脂肪を下げる効果がある


DHAの効果:生活習慣病の予防・改善 | DHAのチカラ | マルハニチロ株式会社株式会社

こちらは、DHA・EPAを摂取した人たちの中性脂肪酸の動きの実験の結果です。

このような実験結果からも、DHA・EPAがいかに中性脂肪に効果があるかどうかがわかります。

DHA・EPAを多く含むサプリなどを摂ることで、中性脂肪を分解することができます。

クリルオイル(アスタキサンチン)には中性脂肪・コレステロールを分解するのでメタボ改善効果が期待できる

クリルオイル|清光薬品工業株式会社

クリルオイル(アスタキサンチン)にはメタボリックシンドロームを改善する効果が期待できます。

というのも、クリルオイル(アスタキサンチン)には中性脂肪・コレステロールを下げる効果があるからです。

特にクリルオイル(アスタキサンチン)の脂質やコレステロールを正常地に戻す作用はDHA・EPAなどよりも強いです。

その証拠に、クリルオイル(アスタキサンチン)は日本やアメリカで高脂血症の治療薬として正式に認可されています。

おすすめは、クリルオイルが含まれたDHA・EPAはDHAサプリメント「きなり」です。

ビタミンB2には脂肪を燃焼させる効果がある

ビタミンB2は糖質・脂質・タンパク質を体内でエネルギーに変える効果があります。

つまり、ビタミンB2が増えることでコレステロールの原因となる脂質や糖質を代謝させることができます。

ビタミンB2が直接コレステロールに働きかけるわけではないですが、中性脂肪などの脂質を燃焼させることでコレステロールが増えるのを防ぎます。

また、人体に有害な過酸化脂質の分解をする効果もあります。

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには高血圧を改善・下げる効果がある


DHAの効果:生活習慣病の予防・改善 | DHAのチカラ | マルハニチロ株式会社株式会社

DHA・EPAの効果は中性脂肪を分解することです。

高血圧の主な原因は血中の脂肪濃度が高いことによるものが多いので、中性脂肪を減らすことで高血圧を解消できます。

この画像にある実験データのように、DHA・EPAが血圧の降下に作用があることは立証されています。

なので、DHA・EPAは高血圧を改善する効果があるといえます。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

クリルオイル(アスタキサンチン)には血管の柔軟性を改善する効果があるので血圧を低くする効果が期待できる

クリルオイル|清光薬品工業株式会社

血圧が高くなってしまう原因の一つに、血管の壁のしなやかさが失われていることが挙げられます。

血管の壁が固くなってしまうのは、血液の圧力が高まり、それに耐えようとすることで血管の壁が太くなってしまいます。

クリルオイルにはそんな血管の壁をしなやかにする効果があります。

とくにクリルオイルに多量に含まれる「リン脂質型オメガ3系不飽和脂肪酸」のリン脂質は、ヒトの細胞や細胞小器官を構成する主要成分であり、細胞膜の機能に極めて重要な役割を果たしている。(日本食品機能研究会(JAFRA):クリルオイル~サラサラ血液&イキイキ血管

この引用にもある通り、クリルオイル(アスタキサンチン)にはリン脂質が含まれており、リン脂質は細胞膜を作るのに非常に重要な成分です。

リン脂質とは

細胞膜を形成する主な成分で、体内で脂肪が運搬・貯蔵される際にたんぱく質と結びつける役割を担い、情報伝達にも関わる。(リン脂質 | e-ヘルスネット 情報提供

また、リン脂質は血管の細胞膜を作る作用が確認されています。つまり、血管の壁はリン脂質によって作られていることになります。

血管の壁のしなやかさは血管の細胞膜によって支えられているので、血管の細胞膜の元となるリン脂質を摂取することで血管にしなやかさが生まれます。

つまり、リン脂質を含むクリルオイル(アスタキサンチン)を摂取することで、血管の壁を柔らかくして高血圧を防ぐ効果が期待できます。

関連商品:クリルオイルを含むDHAサプリの「きなり」

DPA(ドコサペンタエン酸)にはEPAの10倍の血液サラサラ効果がある

DPAはDHA・EPAと構造が非常に似ているため、効果もDHA・EPAと同じような効果があります。

つまり、DPAにも中性脂肪を分解する効果があります。

しかし、DHA・EPAとの大きな違いは、その効果の強さです。

特にDPAはEPAの10倍も血液サラサラパワーが強いことがわかっていますので、DHA・EPA以上の高血圧予防効果を期待できます。

ビタミンEには毛細血管を拡張させて高血圧を防ぐ

ビタミンEには抗酸化作用もありますが、血管を広げて血流を良くする効果もあります。

Ashor AW ら 2) は Medline, Embase, Cochrane Library,Scopus より該当する文献(2172 報)を選択し E とビタミン C(C)の血管機能(血流依存性血管弛緩)に関してシステマティック・レビュー(46 報,非病者 14 報)を行った.その結果,E と C で血管機能の改善効果を確認された.E 単独(27 試験,被験者 742 名)では(300~ 1800 IU)で血管機能(内皮依存性血管弛緩の改善)がみられた(p=0.0001).(日本ビタミン学会の90巻の資料

このように、ビタミンEには血管機能の改善効果が実験によって新たに確認されました。

ビタミンEを摂取することで、血管を広げて血流の改善を促します。

血流の流れが改善することで必然的に高血圧も改善されていくので、DHA・EPAとビタミンEを含むサプリは高血圧に効果があるといえます。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果により高血圧を防ぐ

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する作用、身体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体プロウロキナーゼを活性化する作用、さらに血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)量を増大させる作用があります。
さらに、最近の研究で、ナットウキナーゼには血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用、オイグロブリン溶解時間の短縮作用があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。

このように血栓を色んな角度から溶解するのがナットウキナーゼの特長です。(ナットウキナーゼ | 日本ナットウキナーゼ協会

このように、ナットウキナーゼには「血栓の主成分」「血栓を溶解する成分」「血栓を溶解する成分を作り出す成分」へ働きかけることで、様々な角度で血の塊である血栓を解消し、血の流れを良くします。

つまり、ナットウキナーゼには血流を改善する効果があるので、高血圧を予防する効果があるといえます。

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには動脈硬化を改善する効果がある

動脈硬化はコレステロールが多くなることで発症リスクが高まります。

そのため、悪玉(LDL)コレステロールを含んだ総コレステロールを下げることで動脈硬化を防ぐ必要があります。

▼DHA・EPA以外にも、コレステロールに効く成分が豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールが動脈硬化になる原因・因果関係・メカニズム

動脈硬化の要因は主に「高血圧」「高血糖値」「石灰化」の3つです。

いずれも血液の流れを妨げるもので、これらによって血管が固くなってしまいます。

酸化したコレステロールが増えることで、マクロファージが働き、動脈硬化になる

動脈硬化の発症は? – FMD検査

コレステロールは脂質なので、いずれは酸化してしまい、コレステロールが酸化してしまうと血管の壁を傷つけてしまう動きがあります。

このようにして血管に傷ができて、中に酸化したコレステロールがたまって、塊となります。

酸化したコレステロールは体に不要な物質なので、体の免疫反応である白血球がが入り込み、白血球はマクロファージと呼ばれる物質に変化し、酸化したコレステロールを取り込みます。

こうして、酸化したコレステロールを取り込んだマクロファージは、そのまま血管の傷の中でかたまってしまい、プラークと呼ばれる酸化したコレステロールの死体の塊がたまります。

狭心症 – 急性心筋梗塞.com

このプラークというものが、血液の流れを遮ることで血圧が高くなり、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

つまり、コレステロールを取り込むことにより、血管内にコレステロールの塊がたまってしまい動脈硬化を引き起こすということです。

関連:血中のコレステロールを減らすオススメのDHA・EPAサプリ

コレステロールに関連する、動脈硬化を引き起こす危険因子①:高血圧

上記で説明したこととかぶってしまいますが、高血圧になることで血液の流れが強くなり、血管に負担がかかってしまいます。

血管は強くなった血液の流れに耐えようとすることで血管自体が太く固くなってしまいます。

そのようにして動脈硬化へと発展していってしまいます。

また、高血圧の原因となる中性脂肪が血管の壁に付着することで流れが悪くなり、動脈硬化になるというパターンもあります。

コレステロールに関連する、動脈硬化を引き起こす危険因子②:高血糖値

血糖値が高いということは、血中に糖分の濃度が高いということなので、これも血液の流れを遮ってしまう原因になります。

なので、血中糖度により妨げられる血液の流れによって高血圧を引き起こし、動脈硬化を引き起こします。

そのため、血中の脂肪分だけでなく糖度も動脈硬化に大きくかかわってしまいます。

関連:高血圧・高血糖値を改善するおすすめコレステロールサプリ

コレステロールに関連する、動脈硬化を引き起こす危険因子③:高脂血症

高脂血症は血中の脂質の割合が増えてしまう症状のことです。

これまで説明した通り、血中のコレステロール・中性脂肪が増えることで高血圧になります。

動脈硬化の原因はほぼ高血圧によるものなので、高脂血症も動脈硬化の原因となってしまいます。

コレステロールに関連する、動脈硬化を引き起こす危険因子④:石灰化

冠動脈石灰化1 冠動脈石灰化とは – 心臓画像クリニック飯田橋

石灰化とは、悪玉(LDL)コレステロールが死んで固まったプラークに血中のカルシウムが混ざってしまうことで、プラークが石灰化してしまうことをいいます。

プラークが石灰化してしまうと、動脈硬化の症状の重さはかなり重症になってしまいます。

そのため、石灰化は動脈硬化の最終段階と言われています。

石灰化になってしまうと、画像のように白く広範囲にわたってしまうので、動脈硬化はもちろん、心筋梗塞へと一気につながりやすくなってしまいます。

▼DHA・EPAを増やして動脈硬化を防ぎたい▼
人気のコレステロールサプリはこちら

動脈硬化になりやすいコレステロールの基準値は総コレステロールが240㎎/dl以上・悪玉(LDL)コレステロールが160㎎/dl以上

コレステロール値|一般社団法人 日本健康倶楽部

一般的に、コレステロールの数値は総コレステロールで220㎎/dl未満、悪玉(LDL)コレステロールが140mg/ld未満が理想ですが、

高値のコレステロール値は総コレステロールが240㎎/dl以上・悪玉(LDL)コレステロールが160㎎/dl以上です。

この数値を超えてしまうとコレステロールが高いとみなされて、動脈硬化の危険性が高まってしまいます。

DPA(ドコサペンタエン酸)は動脈硬化を防ぐ

DPAはアザラシの油に含まれていることが多く、寒い海の中でも血液の流れを滞らせないのはDPAがあるからだといわれています。

なので、DPAは血液サラサラ効果がEPAの10倍もあるといわれています。

動脈硬化は主に血液の流れが悪いことによって引き起こされるものなので、DPAを摂取すると、血液がサラサラになり、動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

ビタミンEの抗酸化作用で動脈硬化を防ぐ

ビタミンEの最大の特徴は強い抗菌作用です。

動脈硬化は上記で説明した通り、悪玉(LDL)コレステロールが酸化することによって引き起こされてしまいます。

なので悪玉(LDL)コレステロールが酸化する前にビタミンEを摂取することで、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぎます。

悪玉(LDL)コレステロールが酸化しないと、高血圧になる可能性も低くなるので動脈硬化を防ぐことができます。

ビタミンE単体では動脈硬化を防ぐわけではありませんが、悪玉(LDL)コレステロールを通して動脈硬化を防ぐことに役立っています。

関連:動脈硬化を防ぎたい方はこちら

ナットウキナーゼは血栓を防ぐ効果があるので、動脈硬化改善を期待できる

動脈硬化は酸化したコレステロールによってできたプラークという塊が主な原因ですが、他にも血の塊である血栓も動脈硬化の大きな原因の一つです。

酸化したコレステロールによって傷つけられた血管を修復するために、免疫機能として血が集まってその傷口を固めます。

すると、傷はふさがりますが、傷口のフタである血の塊(血栓)が残ります。

血栓があると血液の流れが遮られたり、血管の壁に付着しているため血管のしなやかさが失われます。

そのため、血栓は動脈硬化の原因になりやすいですが、ナットウキナーゼはそんな血栓を防ぐ効果があります。

ナットウキナーゼは血栓を作らせなくする働きがあるので、血栓をなくし動脈硬化を防ぎます。

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには血糖値を下げる効果がある


Eicosapentaenoic acid improves insulin sensitivity and blood sugar in overweight type 2… – Abstract – Europe PMC

DHA・EPAはコレステロールや中性脂肪への効果ばかり注目されがちですが、血糖値を下げる効果もあります。

この画像のように、シンガポールで行われた実験ではDHA・EPAが血糖値を下げることが実証されました。

DHA・EPAはコレステロールを下げて血の流れを改善するだけでなく、血糖値からのアプローチでも血流を改善します。

▼血糖値を下げて生活習慣病を改善しよう▼
人気のコレステロールサプリはこちら

DHA・EPAには(ヘモグロビン)hba1cの数値を下げる効果があり、血糖値を下げて糖尿病を防ぐ

ヘモグロビン(hba1c)は血中の糖分を全身に運ぶ働きがあります。

つまり、ヘモグロビン(hba1c)の量が多いということはそれだけ血中糖度が高いことを指しています。

DHA・EPAは上記でも解説した通り、血糖値を下げる効果があります。

なので、DHA・EPAを摂取することで血糖値を下げれば、必然的にヘモグロビン(hba1c)の値が下がるようになります。

ビタミンB1には糖質がエネルギーに変える動きが促進される

ビタミンB1は、糖質を含む脂質やタンパク質などをエネルギーに変える効果が促進されます。

血糖値が高いとそれだけ体の中に糖質がたまっている証拠ですが、ビタミンB1を摂取することで、糖質の代謝が促進されて、体の中の糖度を減らすことができます。

つまり、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えることで血糖値を下げる効果があります。

DHA・EPAもビタミンB1も含まれてるサプリは「きなり」がおすすめです。

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAには肝臓の機能低下を改善する効果がある

(引用元:中性脂肪値を下げる!EPA・DHA効果とは?

その仕組みは、EPA・DHAが肝臓の中で二つの作用を及ぼすことにあります。
1:一つ目の作用は、脂質の脂肪産生を抑制すること。
2:二つ目の作用は、脂肪酸を分解が期待できること。
3:さらに、血管内の中性脂肪分解効果も高まり、それぞれの相乗効果で中性脂肪を減らすことができるのです。http://www.nissui.co.jp/epalife/neutralfat/index.html

このように、DHA・EPAは肝臓内の脂肪に働きかけることで肝機能を改善します。

肝臓は取り入れたものを燃焼したり解毒する場所です。

なので肝機能が衰えてしまうと、体に有害物資がたまり生活習慣病を引き起こします。

つまり、DHA・EPAを摂取することで肝臓機能を改善し、生活習慣病を防ぐ効果があります。

▼肝臓機能の低下を改善したい方はどうぞ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

DHA・EPAは中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールが肝臓にたまると脂肪肝を改善し、脂質代謝を高める

肝臓では脂肪酸から中性脂肪をつくり、肝細胞の中にため、エネルギーのもととして必要とされる分を放出しています。しかし使うエネルギーよりもつくられた 中性脂肪のほうが多いと、肝細胞にどんどんたまっていきます。このように中性脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を「脂肪肝」といい ます。最近メタボリックシンドロームとの関係が指摘されていますhttp://kankinou.net/shitteru/shiboukann01.html

脂肪肝とは、肝臓で処理しきれなかった中性脂肪が溜まった状態のことを指します。

脂肪肝になってしまうと、中性脂肪を分解したりするなどの肝機能が衰えてしまいます。

特に、脂肪肝は血糖値を下げるインスリンの分泌が減ってしまうことが金沢大学の研究で明らかになっています。

血糖値を下げるインスリンが減ると当然、血糖値が上がってしまい、血液の流れが悪くなり様々な生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があります。

DHA・EPAは脂肪肝の原因となる中性脂肪やコレステロールを減らす効果があるので、肝臓に脂肪がたまるのを予防することができます。

なので、DHA・EPAの摂取が脂肪肝を防ぎ、結果的にインスリンの分泌を上げて血糖値が上がるのを防ぎます。

クリルオイル(アスタキサンチン)には弱った肝臓を元気にする効果がある

クリルオイルにはDHA・EPAが豊富に含まれていますが、DHA・EPAとの大きな違いはリン脂質という水に溶けやすい性質をもっていることと、強い抗酸化作用があることです。

このように、クリルオイルの最大の特徴のひとつが水に混ざりやすいため、吸収率が高まることです。

また酸化を防ぐ作用もあるので、酸化防止と水への溶けやすさというダブル効果でDHA・EPAを体内に届けます。

なので、効果自体はDHA・EPAと同じですが、その効果のパワーはクリルオイルのほうが一歩上です。

そんなDHA・EPAを豊富に含むクリルオイルも、肝臓にたまる中性脂肪やコレステロールを減らす効果があるので、肝臓への負担を減らすことができます。

▼肝臓への中性脂肪・コレステロールの影響が気になる方はこちらをどうぞ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリを下げるサプリの効果】オメガ3脂肪酸のα-リノレン酸の効果

α-リノレン酸はDHA・EPAと同じ脂肪酸の仲間です。

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換する性質を持つので、DHA・EPAと似たような効果を発揮します

オメガ3のα-リノレン酸はがんに効果がある

上記でも書いた通り、α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換される性質があります。

つまり、α-リノレン酸とDHA・EPAは体内において同じ効果を持つとされ、DHA・EPAはがんを予防する効果が期待できます。

DHA・EPAががんを予防できるとされるデータは日本静脈経腸栄養学会雑誌の実験により証明されています。

つまり、α-リノレン酸を摂取するとがんの予防を期待できると言えます。

オメガ3のα-リノレンには脳に効果がある

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換されます。

特にDHAは脳の構成成分となれる数少ない貴重な成分であり、脳の活動に深く関わっています。

つまり、α-リノレン酸を摂取することで体内でDHAに変換されることで、脳に効果を発揮します。

DHAは脳内にて、記憶する力や認識する力を促進させる効果があり、認知症の予防につながります。

このように、α-リノレン酸の摂取により、脳に関するあらゆる働きを改善する効果があります。

α-リノレン酸は認知症を予防する効果がある

認知症の原因は様々なものがありますが、そのうちの1つに、高血圧や血中コレステロールが高くなることで、脳内の血管が詰まってしまい、脳神経の動きに障害をきたすというものがあります。

つまり、認知症の予防には脳内の血流の流れを良くすることが1つの解決案です。

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変わる性質があり、DHA・EPAは血中の中性脂肪やコレステロール濃度を減らして血流の流れを改善する効果があります。

また、DHAに関しては、脳内に入ることで、脳神経同士をつなげるシナプスの動きを促進させる効果があります。

つまり、α-リノレン酸の摂取により、脳内血管の詰まりが改善と脳神経の活性化がされることで、認知症の予防につながります。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

オメガ3のα-リノレン酸は加熱すると酸化し効果が半減する

DHA・EPAもDHA・EPAを含む魚を加熱することにより、魚の中に含まれるDHA・EPAの濃度が低くなってしまうことが確認されています。

α-リノレン酸はDHA・EPAと似たような物質なので、加熱することで、α-リノレン酸が減ってしまいます。

α-リノレン酸は加熱すると酸化してしまい血液の流れを悪くさせてしまう

α-リノレン酸を加熱すると、酸化してしまいます。

酸化された物質というのは、血管内に入り込むと血管を傷つけてしまったり、血管の壁に付着することで血液の流れを悪くしてしまいます。

そうなってしまうと、高血圧になり生活習慣病につながります。

α-リノレン酸は酸化に弱いDHA・EPAと同じ性質なので、酸化しやすいです。

なので、α-リノレン酸を摂取する時は、酸化を防ぐ工夫がされてるサプリを飲むことをおすすめします。

オメガ3のα-リノレン酸はコレステロールを下げる効果がある

α-リノレン酸は体内でDHA・EPAに変換される性質があるため、DHA・EPAと似た働きをします。

DHA・EPAは中性脂肪分解することでコレステロールを下げる効果があるので、α-リノレン酸にもコレステロールを下げる効果があります。

α-リノレン酸は高血圧を改善する効果がある

高血圧の原因は血中にコレステロールが流ことで血流の流れが妨げられ、血液の圧力が高くなってしまうことです。

上記でも解説した通り、α-リノレン酸にはコレステロールを下げる効果があります。

コレステロールを下げると、血液の流れを邪魔するものが少なくなり、血流の流れが改善します。

つまり、α-リノレン酸の摂取により高血圧が改善されます。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

α-リノレン酸は動脈硬化を改善する効果がある

動脈硬化の原因は、高血圧により血管への負担に対応しようと、血管が太くなってしまい血管の柔軟性が失われることです。

動脈硬化になってしまうと、血液の流れが悪くなるので心臓へつながる血液が止まったり、脳へ送る血液が止まったりすることがあります。

α-リノレン酸はコレステロールを下げることにより、動脈硬化の原因である高血圧を改善する効果があります。

つまり、α-リノレン酸の摂取により、動脈硬化を改善することができます。

α-リノレン酸はダイエット効果を促進させて痩せる効果がある

α-リノレン酸は中性脂肪を下げる効果が確認されています。

体内に中性脂肪を摂りすぎてしまうと、体に蓄積される性質があり、そのせいで体が太ってしまいます。

しかし、α-リノレン酸の尻より中性脂肪下げることができれば、体に脂肪がたまらず、太るのを防ぐことができます。

つまり、α-リノレン酸によってダイエット効果を期待することができます。

【コレステロールを下げるサプリの効果】DHA・EPAで悪玉コレステロールを下げる食品一覧

クロマグロの赤身の刺身は1人前(80g)でDHA・EPAが115mg含まれる

このように、クロマグロの赤身の刺身にはDHA・EPAが含まれています。

なので、コレステロールサプリを摂取する時に、同時に食生活にクロマグロの赤身の刺身を取り入れると、

より効果的にDHA・EPAを摂取することができ、コレステロールや中性脂肪の改善につながります。

【悪玉コレステロールを下げる食品一覧①】サンマ

サンマには多くのDHA・EPAが含まれています。

なので、コレステロールサプリと一緒にコレステロールや中性脂肪を下げたい場合は、普段の食生活にサンマをなるべく取り入れるようにしましょう。

また、サンマに含まれるDHA・EPAは調理方法によって含有量が変わってしまいます。

第5号 第3回 EPA、DHAは焼き魚とフライではどちらが多く残るのか?/おいしさLabo(ラボ)/技術開発情報/取り組み・活動/大阪ガスグループ/大阪ガスについて/大阪ガス

このように、フライにしてしまうとDHA・EPAが少なくなってしまい、焼くとフライよりかはDHA・EPAを残すことができます。

サンマを食べる時は、なるべくフライにせず、焼いて食べるようにしましょう。

【悪玉コレステロールを下げる食品一覧②】サバを二尾

サバには多くのDHA・EPAが含まれています。

1日の食事でサバを二尾あれば、DHA・EPAの 1日の推奨摂取量を満たすことができますが、1日に二尾も食べれない方が多いので、コレステロールサプリを取る方がコスパが良いです。

コレステロールサプリのきなりだけに頼るのではなく、普段の食生活でもなるべくサバを取り入れるようにすると、中性脂肪やコレステロールを下げる効果が高まります。

コレステロールサプリだけでなく、普段の食生活も改善したいです。

【悪玉コレステロールを下げる食品一覧③】いわし

いわしには豊富にDHA・EPAが含まれています。

調理するときは加熱しすぎてしまうとDHA・EPAが減ってしまうので、フライにするのではなく、焼くか刺身にして食べるのがオススメです。

中性脂肪やコレステロールが気になる方は、コレステロールサプリを摂取するときの食事で積極的にイワシをとっていきたいです。

【悪玉コレステロールを下げる食品一覧④】アジ

アジにもDHA・EPAが豊富に含まれています。

アジといえばフライが有名ですが、フライにしてしまうとDHA・EPAは熱に弱いので、含有量が減ってしまいます。

なので、焼いて食べることをおすすめします。

DHA・EPAは特に皮に多く含まれているので、皮をはがさないようにして食べましょう。

【悪玉コレステロールを下げる食品一覧⑤】サケ

サケに含まれるDHA・EPAが悪玉コレステロールを下げる

サケにはDHA・EPAが豊富に含まれています。

コレステロールや中性脂肪が気になる方は、コレステロールサプリを摂取するだけでなく、普段の食生活もサケをなるべく取り入れるようにしましょう。

サケに含まれるクリルオイル(アスタキサンチン)が悪玉コレステロールを下げる

サケの身が赤いのは、クリルオイル(アスタキサンチン)に含まれる色素のせいです。

サケがよく食べるエビはクリルオイル(アスタキサンチン)が豊富に含まれていることから、身が赤くなっています。

クリルオイル(アスタキサンチン)は中性脂肪を下げて悪玉コレステロールを下げる効果があるので、DHA・EPAに加えて悪玉コレステロールをさらに解消します。

DHA・EPAの推奨量を満たすにはコレステロールサプリの方がコスパがいい

上記で紹介した食べ物を多く摂取すれば、1日に必要なDHA・EPAの摂取量をまなかうことができますが、

1日に二尾以上とらなければDHA・EPAの1日の推奨摂取量を満たせないことが多いうえに、普段の食生活で魚離れが進んでいるので、ますます食事によってコレステロールを下げることが難しくなっています。

しかし、コレステロールサプリであればDHA・EPAの1日の推奨摂取量を満たせるうえに、魚とは違って気軽に飲むことができます。

例えば、きなりは1日4粒だけで、1日のとるべきDHA・EPAを満たすことができます。

このように、手間という面で考えると、食事でコレステロールを下げるよりかは、きなりといったコレステロールサプリで、中性脂肪やコレステロールを下げる方がコスパがいいです。

【コレステロールを下げるサプリの効果】サプリだけではなく有酸素運動もしておきたい

いくらコレステロールに効くサプリを飲み続けていても、普段の生活を見直さなければその効果は半減してしまう恐れがあります。

そのため、コレステロールを下げるサプリに頼るだけでなく、有酸素運動をすると、よりコレステロール値を減らすことができます。

悪玉コレステロールを下げる有酸素運動①:ウォーキング


毎日歩くことの効果

様々な研究によると、ウォーキングをすることで上記のような効果を得ることができます。

その中でコレステロールを気にする方にとって注目したいのが、「血圧や血糖値を正常にする」という効果です。

ウォーキングをすることで、体の中でエネルギーが使われるので、中性脂肪の燃焼につながります。

中性脂肪が燃焼すると、血中の中性脂肪濃度が減り、それにつれてコレステロールも減るので、高血圧の改善になります。

きなりを飲むと同時に、このようにウォーキングをすることで、よりコレステロールを下げる効果を高めることができます。

コレステロールを下げるのに、ウォーキングを含めた有酸素運動と相性がいいコレステロールサプリはDHAサプリメント「きなり」です。

悪玉コレステロールを下げる有酸素運動②:水中歩行

  • プールの水は体温より低いので、体温を一定に保とうとする際にエネルギーを消費する
  • 水中は抵抗が強いので、その分のエネルギーを消費する
  • 水の中なので腰や膝に負担がかからない

水中歩行には、通常のウォーキングと比べて、このようなメリットがあります。

通常のウォーキングではこのような効果がありましたが、水中歩行ではこれらの効果をより高めることができます。

つまり、水中歩行の方が高血圧を改善する効果が高まります。

なので、きなりを摂取すると家に電週に何回かでも水中歩行をする習慣をつけることで、コレステロールをより効果的に下げることができます。

悪玉コレステロールを下げる有酸素運動③:ヨガ

「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。

心と体、魂が繋がっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。

具体的には「調和」「統一」「バランス」を意味し、体・心・呼吸・食べ物など、あらゆるカテゴリーと関係しています。(ヨガの目的と効果 | ヨガ:NPO法人日本YOGA連盟

ヨガは呼吸方法がとても大切になってきます。

呼吸を整えることで、血液が脳に多くの酸素を取り込み、体全体に栄養が行き渡らせて、体を整えることが目的です。

つまり、ヨガは有酸素運動の1つです。


ヨガの目的と効果 | ヨガ:NPO法人日本YOGA連盟

肝心のヨガの医学的効果でも、コレステロールを下げる効果があることが判明しています。

なので、きなりを摂取しながら、ヨガを始めることでも、コレステロールを下げる効果をより高めることができます。

▼中性脂肪・コレステロールが気になる方はこちらをどうぞ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です