【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリはいつ飲むべきか

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】コレステロールサプリはいつが飲むべきタイミングなのか?

コレステロールサプリを選ぶ場合はDHA・EPAだけでなく、他にも中性脂肪を下げる効果のある成分が含まれたサプリが望ましいです。

おすすめのコレステロールサプリの「きなり」にはDHA・EPAとクリルオイル・ナットウキナーゼが含まれています。

効果的な飲み方をしてコレステロールを減らしましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

DHA・EPAを含むコレステロールサプリの飲むべき効果的なタイミングは食後

DHA・EPAを含むコレステロールサプリを飲むべき効果的なタイミングは食事を食べたあとです。

具体的には食後30分以内が理想です。

食後は食べたものを消化しようと消化器官が活発に動いている時間帯です。

体が食べ物や栄養を吸収する体制に入っているので、そのタイミングでDHA・EPAサプリを摂取すると、より効率よくDHA・EPAを体内に吸収することができます。

なので、少しでもDHA・EPAの効果を高めたいのであれば、食後にコレステロールサプリを摂取することをおすすめします。

コレステロールサプリのきなりに含まれるDHA・EPAの吸収のメカニズムと飲むタイミング

DHA・EPAは体に取り込まれると、小腸から肝臓へと取り込まれます。

そして、小腸から肝臓内に入ったDHA・EPAが中性脂肪を分解する働きを発揮します。

なので、小腸が活発に動く時間にDHA・EPAを届けたいです。

小腸が活発に動く時間にDHA・EPAをいち早く届けるためには、食後にDHA・EPAを含むきなりを摂取することで、消化器官が活発な時間帯に摂取でき、DHA・EPAの効果も早く発揮されます。

コレステロールサプリのきなりに含まれるクリルオイルの吸収のメカニズムと飲むタイミング

クリルオイルは体内に入ると小腸にとりこまれ、肝臓へと渡ります。

クリルオイルの中にあるアスタキサンチンはDHA・EPAの酸化を防ぐ効果があるので、肝臓に入って効果を発揮するDHA・EPAをクリルオイルが抗酸化作用でサポートします。

なので、DHA・EPAと同じタイミングで摂取したいので、DHA・EPAと同じく効果的な摂取タイミングは消化器官が活発に動く、食後です。

関連商品:DHAサプリメント「きなり」

コレステロールサプリのきなりに含まれるナットウキナーゼの吸収のメカニズムと飲むタイミング

ナットウキナーゼは体に取り込まれると、小腸から肝臓へ運ばれたのち、全身の血液をめぐり、血の塊の血栓を除去していきます。

ナットウキナーゼも小腸から肝臓から全身の血管へと取り込まれるので、ナットウキナーゼを含むきなりを早く吸収するためには消化器官がよく動く食後がおすすめです。

コレステロールサプリのきなりに含まれるビタミンEの吸収のメカニズムと飲むタイミング

ビタミンEは脂溶性なので脂質と一緒にとることで吸収率が上がります。

吸収のメカニズムも脂質と同じなので、体内に取り込まれたら、肝臓から出る胆汁酸で乳化されることで、初めて体内に吸収することが可能になります。

なので、ビタミンEを効果的に吸収するためには脂質や脂肪酸と一緒に摂ることが大切です。

きなりに含まれるDHA・EPAは脂質なので、ビタミンEの吸収率を上げつつ、ビタミンEは抗酸化作用があるので、DHA・EPAの酸化を防ぎます。

まとめると、ビタミンEの効果的な摂取タイミングは脂質を含んだものと一緒に摂取するのがベストです。

コレステロールサプリのきなりに含まれるビタミンB1、B2、B6の吸収のメカニズムと飲むタイミング

ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、小腸で吸収されたら、肝臓へ栄養素を運ぶ門脈という部分を通って肝臓へいきます。

肝臓へいくと、脂質やタンパク質の燃焼の効果を発揮します。

おすすめの摂取タイミングは消化器官が活発に動く食後に摂取すると、吸収が早まり効果を最大限に発揮できます。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を摂取すると良い・良くない時間帯は、消化器官の動きで考える

DHA・EPAを摂取すると良い時間帯と良くない時間帯の考え方は、消化器官の動きの有無で考えるとおすすめです。

DHA・EPAを1番に吸収するのは消化器官です。なので消化器官が一番活発に動く時間帯で摂取するのが理想です。

しかし、どの時間帯に共通して言えるのは、消化器官が動いていないからと言って効果が全くなくなるわけではないことです。

つまり、消化器官が動いている時間にDHA・EPAサプリを摂っても、消化器官が動いていない時間に摂っても、DHA・EPAの効果はあります。

あくまで、少しでもより効果を高めるならどのタイミング?というのを解説しています。

朝はコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)サプリを飲むタイミングではない

朝は消化器官が本格的に動いている時間帯とは言えないので、なるべくであれば避けたほうがいいです。

というのも、朝は寝ている状態から起きた直後だからです。

寝ている間は体を休める意味で消化器官の動きが1日の中でも特に遅いです。起床することで徐々に消化器官の動きは活発化しますが、本格的な覚醒はまだです。

もし朝しかDHA・EPAサプリを摂取する時間がない場合は、朝食後に摂取すると少しでもDHA・EPAの効果を高めることができます。

夜はコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲むのに良いタイミングである

夜の時間帯はDHA・EPAサプリを摂取するのに適している時間帯の一つです。

あまりにも遅い時間帯でなければ、消化器官がまだ十分に活発な状態だからです。

なので、夜にDHA・EPAサプリを摂取する場合は夕食後に摂ることをおすすめします。夕食後に摂取すれば、食べ物のと一緒に吸収することができます。

食前はコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲むのに良いタイミング

食前は正確にいうと、消化器官がまだ活発に動いていない時間ですが、直後に食事を控えているため食前にDHA・EPAサプリを摂取しても大丈夫です。

後ほど食事をすることになるので消化器官の活動が徐々に高まるので吸収されやすくなります。

ただやはり、食後に摂取するのが一番よく吸収されるので、食前にあえてDHA・EPAサプリを摂取する理由はないので、できれば食後に摂取しましょう。

寝る前はコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲むタイミングとしては適さない

少しでもDHA・EPAの効果を高めたいのであれば、寝る前や直前にDHA・EPAサプリを摂取するのはおすすめしません。

というのも、寝る前は体が眠りに入ろうとしている状態なので、消化器官があまり活発に動いていないからです。

消化器官が動いていないがゆえに吸収率も下がり、DHA・EPAの効果が半減してしまう可能性があります。

もちろん、寝る前でも効果が全くないわけではないですが、なるべく寝る前は摂取を避けるといいでしょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】きなりサプリの効果的な飲み方

コレステロールサプリのきなりの効果的な飲み方①:1日4粒を守る

きなりの効果を発揮するためには、必ず用法容量を守ることが大切です。

きなりをたくさん飲めば飲むほど効果が出ると言うわけではありません。

逆に過剰摂取してしまうと、逆効果となってしまう可能性があります。

なので、公式サイトに書いてある1日4粒というのは必ず守るようにしましょう。

コレステロールサプリのきなりの効果的な飲み方②:水かぬるま湯で摂取する

きなりを飲むときは、お茶や牛乳やジュースなどではなく、必ず水かぬるま湯で摂取するようにしましょう。

水以外で飲んでしまうと、他の成分が含まれているので、きなりに組まれている成分の効果を半減してしまう恐れがあります。

水やぬるま湯であれば、きなりの成分を妨げるようなものは入っていないので、必ず水で摂取するにしましょう。

コレステロールサプリのきなりの効果的な飲み方③:食後に摂取する

きなりの効果を最大限に発揮するためには、消化器官が1番動いている時間帯にきなりを摂取することです。

消化器官が活発であればあるほど、きなりの成分の吸収が良いからです。

吸収率が良いと効果が出やすくなるため、DHAサプリメント「きなり」は消化器官が活発に動く食後に摂取するようにしましょう。

コレステロールサプリのきなりの効果的な飲み方④:食生活の見直しと運動を始める

きなりに頼るだけではコレステロールや中性脂肪を効果的に逆らえない可能性があります。

例えば、きなりを摂取してもお菓子や肉ばかり食べていてはコレステロールや中性脂肪は下がるどころか、上がる一方です。

コレステロールや中性脂肪を効果的に下げるためにも、きなりだけに頼るではなく、運動したり食生活の見直しもあわせて行うようにしましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含む「きなり」▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリと一緒に飲むべき飲料

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は水と一緒に飲むと効果的

水と一緒に飲むべき理由は、水なしで飲むと食道ににくっついてしまうことがあるからです。

コレステロールサプリのほとんどは表面がつるつるしているソフトカプセルタイプなので、水なしで飲んでも喉に引っかかる可能性はあまりありませんが、

それでも水無しで飲んでしまうと、のどに引っかかってしまう可能性があります。

また、それだけでなく、コレステロールサプリの周りに水分があるだけで溶け出しやすくなるので、体内に入った時コレステロールサプリに含まれる有効成分の吸収率を上げる効果があります。

そして、水は余計な成分があまり入っていないため、コレステロールサプリに含まれる成分の効果を妨げることなく吸収させることができます。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)はぬるま湯と一緒に飲むと効果的

ぬるま湯で飲む1番のメリットは、体内の温度に近い状態でコレステロールサプリを吸収することができる店です。

体温に近い温度でコレステロールサプリを吸収することで、ぬるま湯の温度によるサプリ自体の溶けやすさに加えて、

サプリと体内の温度差がないため体に負担をかけることなく、スムーズに吸収させやすくなります。

このような理由があるため、コレステロールサプリを飲むときはぬるま湯で飲むこともお勧めします。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリと一緒に食べるべき食事

DHA・EPAのコレステロールへの効果を高めるためには、コレステロールサプリを摂取するだけでなく、

一緒に食べる食事も工夫すれば、より一層コレステロールを減らすことができます。

ビタミンEを含む食事とDHA・EPAサプリは相性がいい

DHA・EPAは酸化しやすいので、抗酸化作用があるビタミンEと一緒に摂取することで、DHA・EPAの効果を最大限に発揮することができます。

ビタミンEを多く含む食品はアーモンド植物油が多いですが、かぼちゃ・ほうれん草・アボカドにも多く含まれています。

なので、コレステロールサプリを飲むときは上記の食材と一緒に食べることをお勧めします。

リコピン(トマト)とDHA・EPAサプリは相性がいい

アスタキサンチンとは-アスタキサンチンラボ

リコピンにはかなり強い抗酸化作用が含まれています。

アスタキサンチンの抗酸化作用には及びませんが、リコピンはアスタキサンチンに次ぐ、強い抗酸化作用があります。

リコピンはトマトに多く含まれています。

トマトであれば普段の食事で食べやすい食事なので、コレステロールを下げるDHA・EPAサプリを飲むときの食事はトマトがお勧めです。

アボカドとDHA・EPAサプリは相性がいい

アボカドにはビタミンEが豊富に含まれています。

上記で説明した通り、ビタミンEにはDHA・EPAに対する抗酸化作用が含まれていますので、DHA・EPAを酸化させず体内に届けることができます。

また、アボカドは水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性食物水は水に溶ける性質があるので、DHA・EPAの吸収を妨げることがないうえに、

水溶性食物繊維自体にも、中性脂肪や内臓脂肪を減らす作用もあるので、DHA・EPAと相性がかなり良いです。

▼おいしい食事と一緒にDHA・EPAサプリを摂取してみる▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリは毎日飲みましょう

どのDHA・EPAサプリでも基本的には毎日摂取するのが基本的な飲み方です。

DHA・EPAサプリに限らず、サプリメントは毎日継続して飲むことで初めて効果を発揮します。

飲みたいときに飲んだりと、用法容量を守らない飲み方はDHA・EPAの効果を半減したら、かえって逆効果になる可能性もあります。

コレステロールや中性脂肪を減らすDHA・EPAの効果を最大限に発揮するためには、毎日摂取することが大切だということを心がけたいです。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)は分けて飲んでも大丈夫

1日の用法容量を守っていれば、分けて飲んでも大丈夫です。

しかし、分け方を考えなければDHA・EPAの効果を半減させてしまう可能性があります。

例えば、コレステロールや中性脂肪を下げるDHA・EPAを豊富に含む「きなり」は1日4粒が摂取量の目安ですが、朝食後に2粒、夕食後に2粒という飲み方は消化器官が活発な時間なので大丈夫ですが、

寝起きに2粒、寝る前に2粒という分け方をしてしまうと、その時間帯は消化器官が活発化していないのでDHA・EPAが吸収されにくく、うまく効果を発揮できない可能性があります。

なので、DHA・EPAサプリは1日の量を守れば、1日に分けて飲んでも問題ありません。

また、分けて飲むようにすると、飲み忘れの可能性がそれだけ上がってくるので気を付けるようにしましょう。

コレステロールサプリのおすすめな飲むタイミング①:昼食後

昼食後だと、体が1番活発に動いている時間帯、かつ、消化器官も活発に動いている時間だからです。

体全体が活発な状態なので、消化器官の動きもより活発になるため、コレステロールサプリの成分の吸収率が上がります。

吸収率が高い方が効果が出やすいので、昼食後はコレステロールサプリを取るタイミングとしてはベストなタイミングです。

コレステロールサプリのおすすめな飲むタイミング②:夕食後

夕食後も、消化器官が活発に動いている状態なので、コレステロールサプリを摂取するタイミングとしては良いタイミングです。

こちらも消化器官が活発に動いていると吸収率上がるため、コレステロールサプリに含まれる有効成分が効果を最大限に発揮することができます。

コレステロールサプリを飲むタイミングで朝食後はおすすめしない

朝食後は、起きて間もない状態なので、体が活発に動いていないことが多いです

よく、「朝ご飯はお腹に入らない」と言う方がいるように、体が活発に動いていないので消化器官も活発な動きを見せません。

消化器官が活発でないタイミングでコレステロールサプリを摂取すると、吸収率が悪くなってしまい、効果が弱まってしまう可能性があります。

なので、少しでも効果を発揮するためには、朝食後にはなるべくとらず、昼食後か夕食後にコレステロールサプリを摂取するようにしましょう。

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリとα-リノレン酸の摂取量について

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

厚生労働省が定めるDHA・EPAの1日に必要な推奨量は1000㎎

3 脂質 – 厚生労働省

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの摂取量は1日1g(1000㎎)ですが、通常の食事で摂取するDHA・EPAの量は平均で300㎎ほどです。

つまり、1日のDHA・EPAの不足量は30~40代で700㎎近く50代以上で400㎎近く不足していることになります。

これは食生活の欧米化によるもので、魚から肉中心の食生活へと変化したからです。

そのため、日本人は1日400㎎~700㎎のDHA・EPAを摂取する必要があります。

きなりは1日500㎎もDHA・EPAを摂取することができます

上記で説明したように、普段の食事から摂取するDHA・EPAの量を引くと、1日のDHA・EPAの推奨摂取量は約500mgほどです。

きなりには、1日の不足分をちょうど満たす500mgのDHA・EPAが含まれています。

同じコレステロールサプリとして有名なDHA&EPAセサミンEXは含有量が400mgであることを考えると、

きなりに含まれる500mgのDHA・EPAは多いと言えます。

また、多いだけでなく、厚生労働省が推奨する1日のDHA・EPAの摂取量をちょうど満たすことができる排便量です。

DHA・EPAは多くとればとるほどコレステロールに効果があるというわけではなく、推奨された1000mgで摂取することが1番効果発揮できる配分量です。

きなりにはDHA・EPAが500mgと、他社と比較して多く含まれつつも、DHA・EPAの推奨摂取量をしっかり守る点が大きな強みです。

α-リノレン酸の摂取がコレステロールを下げるために必要

α-リノレン酸とは、DHA・EPAと同じオメガ3脂肪酸と同じ仲間で、体内に入るとDHA・EPAに変換される性質があります。

つまり、α-リノレン酸はコレステロールを下げる効果のあるDHA・EPAと同じ効果を持つことになるので、α-リノレン酸もコレステロールを下げる効果がある成分とされています。

α-リノレン酸の1日に必要な摂取量

厚生労働省によると、α-リノレン酸の推奨摂取量は1日1000-1200mgです。

厚生労働省が定めた量よりも少なくても多くても逆効果となってしまいます。

特に、α-リノレン酸を多く摂取してしまうと、後述しますが、病気にかかってしまう可能性も上げてしまいます。

なので、α-リノレン酸を摂取する時は、厚生労働省が決めた1日1000-1200mgを守るようにしましょう

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリを飲む時は、α-リノレン酸の含有量が多い食品も普段からとりたい

【α-リノレン酸の含有量が多い食品】えごま油

えごま油とは?|マルタのえごま

えごま油とは、えごまというシソ科の葉から取れる植物性油のことです。

ごまの一種と誤解してしまうことが多いですが、ごまではありません。

えごま油の最大の特徴がα-リノレン酸を豊富に含んでいることです。

なので、えごま油を摂取するとDHA・EPAと同じ効果を持つα-リノレン酸を摂取することができます。

えごま油は通販でもスーパーでも買えるので、日常の食事に使いやすいです。

加熱してしまうとα-リノレン酸が減ってしまうので、加熱せずサラダなどにかけて飲むとコレステロールに効果的です。

【α-リノレン酸の含有量が多い食品】くるみ

くるみのオメガ3脂肪酸|カリフォルニア くるみ協会

このように、くるみにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、中でもα-リノレン酸が有名です。

オメガ3脂肪酸の種類と役割|カリフォルニア くるみ協会

くるみには、28gで2.5gのα-リノレン酸を摂取することができるので、ひとつかみほどで、厚生労働省の定める1日のα-リノレン酸の推奨摂取量の1g〜1.2gをまかなうことができます。

このように、くるみを摂取することでα-リノレン酸を摂ることができますので、コレステロールサプリを飲む時は一緒に食べたい食品です。

α-リノレン酸を摂りすぎについて

α‒リノレン酸摂取量の 増加が前立腺がんのリスクになることを示す欧米での研究報告がある。血中α‒リノレン酸または 摂取量が多い群は少ない群に比べ、前立腺がんのリスクとなる研究が7つ、関連しないとする研究 が2つ報告され、メタ・アナリシスを行うと相対危険が 1. 7 で有意に多くなることが示されてい る94)。一方、最近のα‒リノレン酸摂取量と前立腺がんの罹患リスクを調べた観察研究では、リス クとなる報告95)とならない報告96,97)があり、結果は一致していない。このため、目標量(上限)は 算定しなかったが、男性においては前立腺がんの罹患リスクのため、α‒リノレン酸の過剰摂取に は注意が必要である。3 脂質 – 厚生労働省

厚生労働省のα-リノレン酸に関する記述を見ると上記のようなことが書いてあります。

α-リノレン酸を摂取しすぎると前立腺がんになってしまう可能性が浮上しています。

まだ断定できないとはいえ、α-リノレン酸の摂取しすぎは体に悪影響を及ぼす可能性が少なくともあるのは間違いないので、過剰摂取は控えましょう。

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】コレステロールを下げるDHA・EPAサプリの副作用について

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を摂りすぎたり飲みすぎによる過剰摂取をすると副作用が起きる

DHA・EPAサプリに限らず全てのサプリメントにも言えることですが、過剰摂取してしまうとDHA・EPAの効果が半減したり、場合によっては副作用が起こってしまいます。

DHA・EPAサプリによる副作用を起こさないためには、用法容量をしっかりと守ることです。

厚生労働省によりDHA・EPAの1日の推奨量が1000㎎と定められているということは、1000㎎以上摂るということは必要以上摂ることを意味します。

必要以上ということは、それ以上摂取しても効果は変わらないことを意味します。それどころか必要以上に摂取ししてしまうと効果が半減したり、副作用などのリスクが起きてしまいます。

効果半減や副作用のリスクを避けるという意味でも、DHA・EPAサプリは用法容量を守って摂取するようにしましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)による副作用・害】DHA・EPAサプリはカロリーは低いので太らない

結論を言うと、DHA・EPAサプリで太るということはありません。

確かに、DHA・EPAは中性脂肪やコレステロールを落とす効果があるといっても油や脂質の一種であることは変わりないので、カロリーが気になってしまいます。

しかし、DHA・EPAサプリのカロリーというものは意外と低いのです。

例えば、DHAサプリメント「きなり」の場合は13.05kcalです。

1日の推奨カロリーが2000~2500kcalと考えると、きなりの13.05kcalという数字は1日の必要カロリー量の約190分の1です。

これはきなりに限らず、多くのコレステロールサプリでこのようなカロリーです。

そのため、コレステロールサプリのカロリーによって太ることはほとんどないのでご安心下さい。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)による副作用・害】蕁麻疹はあまりでない

魚アレルギーを持っている方に気にしがちなのが、DHA・EPAサプリを摂取しても蕁麻疹(じんましん)のようなアレルギー症状が出てしまわないかどうかです。

結論を言うと、DHA・EPAサプリを摂っても蕁麻疹(じんましん)のような副作用が出てくることはまずありません。

魚アレルギーの原因は魚の筋肉に含まれるパルブアルブミンという物質です。

このパルブアルブミンという物質はいろんな魚に存在して蕁麻疹などのアレルギー反応を起こし、魚アレルギーとなってしまいます。

しかし、DHA・EPAサプリは魚の筋肉ではなく、魚油から抽出されます。つまり、DHA・EPAサプリは魚アレルギーの原因であるパルブアルブミンがそもそも含まれていません。

なので、DHA・EPAは魚アレルギーの方でも摂ることができます。

しかし、年には念を入れて必ずサプリを摂取する前に必ず医師に確認をとるようにしましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)による副作用・害】DHA・EPAサプリの過剰摂取で吐き気を催す

DHA・EPA自体に副作用として吐き気が起きるようなことは基本的にありませんが、過剰摂取してしまうと吐気を催してしまいます。

サプリは普段の生活では摂らないので、DHA・EPAサプリの過剰摂取は、体からしてみれば慣れないものが体に大量に入った状態です。

このように慣れないものが胃に大量に流れ込むと、体の防御反応として吐き気を起こします。

なので、DHA・EPAサプリの過剰摂取はせず、用法容量を守ってDHA・EPAサプリメントを摂取しましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)による副作用・害】DHA・EPAサプリの過剰摂取で下痢を引き起こす

DHA・EPAサプリを過剰摂取することにより、副作用として下痢になってしまう可能性があります。

こちらもサプリメントというなじみのないものを体に入れるので、それが大量に入ってしまうと消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

それゆえ、吐気だけでなく、下痢を引き起こしてしまう可能性があります。

そうなってしまえば逆効果になってしまいますので、DHA・EPAの効果を発揮してコレステロール・中性脂肪を少しでも多く落とすためにも、用法容量はしっかり守りましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)による副作用・害】DHA・EPAサプリで眠気の副作用は確認されていない

DHA・EPAサプリを摂取して眠気を引き起こす副作用は確認されていません。

DHAと睡眠の関係については、オックスフォード大学の研究チームによって以下のように解明されました。

オランダRoyal DSMは3月10日(米国時間)、同社グループ会社であるDSMニュートリショナル・プロダクツが助成する形で実施された英国オックスフォード大学の研究チームによる研究の結果、長鎖オメガ3、特にDHA(ドコサヘキサエン酸)を補給した児童群は、連続的な睡眠を中断する短い時間帯でる「覚醒エピソード」が7回減少し、睡眠持続時間も一晩で58分延長される結果を得たこと、ならびに親による評価をもとに、良好な睡眠が取れているとされる児童ほど血中DHA濃度が高い可能性があることが示唆されたと発表した。(DHAを補給した学齢期の児童は睡眠持続が向上する!? – オックスフォード大 | マイナビニュース

つまり、DHA・EPAを摂取すると睡眠の質が上がるという研究結果です。

しかし、この研究結果があるからといって、DHAサプリが眠気が引き起こされる副作用を持つか?といわれると、そうとは限りません。

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリの酸化防止・対策について

DHA・EPAが酸化してしまうと、コレステロール・中性脂肪を下げる効果が半減してしまいます。

なので、DHA・EPAの効果を最大限に発揮するためには、DHA・EPAの酸化を防ぐ工夫が必須です。

DHA・EPAの酸化を防ぐ方法として、おすすめなのが抗酸化作用がある成分が含まれているサプリを選ぶことです。

具体的にいうと、ビタミンEやクリルオイル(アスタキサンチン)など、DHA・EPAの酸化を防止する成分が入っているサプリをおすすめします。

南極のオキアミのフィッシュオイルから抽出された、クリルオイル(アスタキサンチン)は特に抗酸化作用がビタミンEの1000倍もあるといわれています。

DHA・EPAの効果を最大限に生かすためには、このような酸化防止成分が入っていることがマストです。

▼DHA・EPAの酸化防止成分を含むコレステロールサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリと一緒に飲んではいけない飲み合わせ

DHA・EPAを含むコレステロールサプリと飲み合わせてはいけない薬・錠剤

DHA・EPAの効果と同じ効果を持つ薬や相反する効果を持つ薬は避けるようにしましょう。

特に血圧や血糖値に関する薬や錠剤との飲み合わせは注意したいです。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ①:降圧剤

降圧剤は高血圧によって心筋梗塞や心不全などの病気の恐れがある方に服用される薬です。

いろんな種類の降圧剤がありますが、たとえば、Ca拮抗薬というものがあります。

降圧薬(降圧剤)について|知っておくべき主な4種類と効果・副作用を解説 | オンラインクリニック高血圧

血管の壁の筋肉細胞に、カルシウムイオンが取り込まれると、筋肉が収縮して血管が狭くなり高血圧になってしまいます。

しかし、Ca拮抗薬には血管を収縮させるカルシウムイオンの吸収を防ぐ効果があり、それによってカルシウムイオンによる血管の収縮を抑えるので、結果的に血圧を下げます。

このようにして、Ca拮抗薬は血圧を下げる降圧剤として扱われますが、DHA・EPAサプリも同様に中性脂肪を下げることによって血圧を下げる効果があります。

どちらも血圧を下げる効果があると、血圧が下がりすぎてしまうがゆえに血が止まらなくなってしまいます。

なので、降圧剤とDHA・EPAサプリの飲み合わせは控えるようにしましょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)とノルバスクは一緒に飲んではいけない

ノルバスクは高血圧の方向けに作られた、血圧を下げる薬のことです。

主な特徴は、1回の服用で36時間効果が続くことです。

しかし、中性脂肪やコレステロールを減らして血圧を下げる効果のあるDHA・EPAサプリと同時に飲んでしまうと、血圧が下がりすぎてしまいます。

血圧が下がりすぎてしまうと、血の流れが良くなりすぎて出血が止まらなくなってしまう可能性があります。

なので、降圧剤であるノルバスクとDHA・EPAサプリは同時に飲まないようにしましょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)とアダラートは一緒に飲んではいけない

アダラートも高い血圧を下げるための降圧剤です。

こちらも上記と同じような理由で、血圧を下げるDHA・EPAサプリと血圧を下げるアダラートを一緒に飲んでしまうと、血圧が下がりすぎて出血が止まらなくなってしまう恐れがあります。

そのため、DHA・EPAサプリと降圧剤のアダラートは一緒に飲まないようにしましょう。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ②:ワーファリン

ワーファリンとは

ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防ぎます。通常、静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療や予防に用いられます。(ワーファリン – くすりのしおり | くすり詳細

ワーファリンは、高血圧の原因である血栓を防ぐことで、血管系の生活習慣病を防ぐ薬です。

血液の中には、血液を固めさせる成分である血液凝固因子がありますが、この血液凝固因子はビタミンKによって作られます。

ワーファリンは血を固める成分の元となるビタミンKの働きを抑えることで、血液が固まるのを防ぎます。

血液が固まるのが防げると、血栓が減り、血圧が下がります。

しかし、DHA・EPAサプリには高血圧の原因である中性脂肪・コレステロールを下げる成分が含まれています。

そのため、ワーファリンとDHA・EPAサプリを一緒に飲んでしまうと、血圧が下がりすぎてしまい、ケガをして出血した際は血が止まらなくなってしまいます。

なので、DHA・EPAサプリとワーファリンの飲み合わせは控えましょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ③:糖尿病治療薬

糖尿病治療薬は、血糖値を下げて糖尿病を防ぐ薬のことです。

そして、同じくDHA・EPAにも血糖値を下げて糖尿病を防ぐ効果があります。

DHA・EPAサプリと糖尿病治療薬を同時に飲んでしまうと、血糖値が下がりすぎてしまう恐れがあります。

血糖値が下がると自律神経が乱れなどの作用が現れる可能性があります。

そのため、DHA・EPAサプリと糖尿病治療薬は同時に飲まないようにしましょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ④:抗血栓薬

抗血栓薬は、血の塊である血栓を作らせないようにするための薬です。

抗血栓薬により結果の中に血栓ができないことで、血の流れを良くします。

また、DHA・EPAサプリは中性脂肪分解することによって血の流れを改善します。

つまり、抗血栓薬とDHA・EPAサプリを飲むとその流れが良くなりすぎて、出血が止まらなくなってしまう恐れがあります。

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

DHA・EPAサプリのきなりに含まれるナットウキナーゼと抗血栓薬の飲み合わせは相性が悪い

きなりに含まれるナットウキナーゼは、血中の血栓を防ぐ効果があることで有名です。

そのため、血栓を防ぐ抗血栓薬と一緒に飲んでしまうと、血栓が無くなりすぎての流れが良くなりすぎてしまう可能性があります。

血流が良くなりすぎると、出血したときに血が止まらなくなってしまうので、ナットウキナーゼを含むきなりと抗血栓薬の読み合わせには注意が必要です。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ⑤:昇圧薬

昇圧薬とは、主に低血圧の人に向けて使われる、血圧を上げるための薬です。

それに対して、コレステロールを下げるサプリは、DHA・EPAの効果によりコレステロールが下げられることで血圧を下げる効果があります。

つまり、昇圧薬とコレステロールサプリを同時に飲んでしまうと、どちらの効果も相殺してしまうことになります。

なので、昇圧薬とDHA・EPAサプリは同時に飲まないようにしましょう。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)と飲んではいけない飲み合わせ②:ステロイド剤

血糖値を上げる可能性のある薬としては、ステロイド薬がよく知られています。ステロイド薬は炎症を鎮める作用をもっていて、喘息や重症のアレルギーのほか、さまざまな病気の治療に使われることがあります。ステロイド薬には、血糖値を上昇させたり、免疫力を低下させて感染症にかかりやすくするなど、いくつかの副作用があります。(Q.540 血糖値を上げる薬の種類を教えてください。-糖尿病NET-糖尿病Q&A1000_答え

このように、ステイロイド薬には血糖値を上げる副作用があります。

コレステロールサプリに含まれるDHA・EPAは血糖値を下げる効果があるので、ステロイド薬と一緒に飲んでしまうと効果を打ち消しあってしまいます。

なので、ステロイド薬とコレステロールサプリは同時に飲まないようにしましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)】飲み合わせてはいけないサプリメント同士

▼DHA・EPAを豊富に含むサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

【サプリメント同士の飲み合わせ】コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)はキトサンサプリと一緒に飲まないほうがいい

キトサンとは

キトサンは天然のアミノ糖であり、甲殻類の殻や菌体の細胞壁に含まれる高分子多糖類であり、人の消化酵素では分解されないカチオン性の食物繊維の一種です。近年、血清コレステロール値の改善、脂肪吸収阻害、血圧上昇抑制など様々な生理機能が認められることが報告され、食品・医薬業界で大きな関心を集めています。(甲陽ケミカル株式会社|キトサン

キトサンとはエビやカニなどの甲殻類の生物から抽出される食物繊維のことです。

キトサンは食物繊維なので、腸の運動を活発にさせることでお腹の調子がよくなります。なので主に、便秘の人に良く用いられます。

しかし、DHA・EPAサプリとキトサンを一緒に飲んでしまうと、DHA・EPAの効果がなくなってしまいます。

それは、キトサンが水に溶けにくい食物繊維ゆえに、消化器官内でDHA・EPAを一緒に体外へ出してしまう動きがあるからです。

キトサンが腸内をきれいにできるのは、キトサンの水に溶けにくい食物繊維が腸内環境をきれいにするからです。

しかし、そんなタイミングでDHA・EPAサプリが入ってしまうと、DHA・EPAの効果を受けることができません。

なので、DHA・EPAサプリとキトサンサプリの飲み合わせは控えるようにしましょう。

【サプリメント同士の飲み合わせ】コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)はβカロチンサプリと一緒に飲まないほうがいい

βカロチンとは

βカロチンは、緑黄色野菜や果物に含まれている黄色やオレンジ色の色素のこと。
腸で吸収されてビタミンAに変わるので、「プロビタミンA」とも呼ばれています。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の元となるほか、強い抗酸化力で体を老化・紫外線などの酸化ダメージから 守るなど、体のあらゆるところで、バリアとして働いているのです。(βカロチンのサプリ|管理栄養士のオススメ – ヘルシーワン

βカロチンは体内でビタミンAに変化するので、ビタミンAと同じような効果があります。βカロチンの代表的な効果は、目・口・鼻・髪などあらゆる部位で体を守る成分です。

しかし、DHA・EPAなどの不飽和脂肪酸はβカロチンの効果を半減させてしまうことが判明しています。

なので、DHA・EPAサプリを飲むときは、βカロチンを含むサプリは飲まないようにしましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)】飲み合わせてはいけない飲料

お茶と一緒にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲まないほうがいい

お茶に含まれるタンニンがDHA・EPAの吸収を妨げる恐れがあるからです。

また、DHA・EPAだけでなく、コレステロールサプリメントの成分を妨げる恐れもあります。

タンニン以外にもお茶にも様々な成分が含まれており、どの成分がコレステロールサプリの成分を妨げるか分からないので、お茶でこれストローサプリを飲まないようにしましょう。

コーヒーと一緒にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲まないほうがいい

コーヒーに含まれるカフェインがDHA・EPAの吸収を妨げてしまう恐れがあります。

コーヒーにはカフェインのように強い成分が多く含まれていますので、コレステロールサプリメントとの飲み合わせにはお勧めしません。

牛乳と一緒にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲まないほうがいい

牛乳には、胃の中の胃酸をを中和する作用があります。

よく、胃がいたくなるときに牛乳を飲むと良いとされるのは、胃酸による胃の痛みを抑える効果があるからです。

しかし、コレステロールサプリと牛乳を一緒に飲んでしまう、胃酸が中和されて吸収率が下がってしまいます。

コレステロールたっぷりの吸収率が下がってしまう、成分の効果が半減してしまいます。

なので、牛乳とコレステロールサプリは一緒に飲まないようにしましょう。

コレステロールサプリは必ず、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

アルコールと一緒にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲まないほうがいい

アルコールを摂取すると肝臓で代謝されますが、コレステロールサプリに含まれるDHA・EPAも肝臓で代謝されます。

すると、肝臓では本来コレステロールサプリに含まれる成分の代謝に100%使われるはずが、アルコールにかかる代謝の分だけ、コレステロールサプリの成分が代謝されません。

つまり、コレステロールサプリとアルコールを摂取することで、本来100%代謝されるはずのコレステロールサプリに含まれる成分が代謝されないので、コレステロールサプリの成分の効果の効き目が強すぎてしまう可能性があります。

そのため、アルコールとコレステロールサプリの同時摂取はおすすめしません。

ジュースと一緒にコレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)を飲まないほうがいい

一般的に、お薬は体内に入ると“代謝酵素”で分解されて、しだいに効き目を失っていきます。その代謝酵素の働きを邪魔する成分が、グレープフルーツジュースに含まれています。

グレープフルーツジュースの成分が体内の代謝酵素の働きを邪魔すると、薬の分解を遅らせるため、薬の効き目が強くでてしまい、副作用が現れる可能性が高くなります。

そのため、お薬によっては、グレープフルーツジュースと一緒に飲むことが禁止されているのです。(グレープフルーツジュースと飲み合わせが悪い薬一覧。 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

特にグレープフルーツジュースとコレステロールサプリの飲み合わせには注意したいです。

上記に書いてあるように、薬もサプリメントも同様に、グレープフルーツの成分により、コレステロールサプリの成分が正しく分解されず、効き目が強く出すぎてしまう可能性があるからです。

なので、コレステロールサプリとグレープフルーツジュースなどのジュース類との飲み合わせは避けるようにしましょう。

【コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)】飲み合わせてはいけない食事

不水溶性食物繊維を多く含む食事とDHA・EPAは相性が悪い

不溶性食物繊維の効果は、何といっても腸内環境の改善とデトックス効果です。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。これにより、便のかさ増しや、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。体にとって有毒な、ダイオキシンなどの物質を排泄するデトックス効果も。(ダイエットに使い分けたい「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」 - マイクロダイエットネット(microdiet.net)

このように、不水溶性食物繊維は胃や腸の環境を整えるのですが、同時にDHA・EPAを体外に排出してしまう恐れがあります。

DHA・EPAが体外に排出されると当然、効果はなくなってしまうので、不水溶性食物繊維と一緒に摂取するのは控えたいです。

不水溶性食物繊維の例:キトサン

キトサンと薬の飲み合わせ|大正 キトサン

キトサンにはDHA・EPAと同じくコレステロールを下げる効果がありますが、DHA・EPAと摂取するとその効果が強まりすぎてしまう恐れがあります。

もしくは、キトサンは脂質に吸着して排出する働きがあるので、脂質であるDHA・EPAはキトサンに吸着されて体外へ排出されてしまう可能性があります。

このようにDHA・EPAとキトサンは相性が悪いので気を付けるようにしましょう。

DHA・EPAと相性の悪い不水溶性食物繊維の例

いんげん豆、ひよこ豆、あずき、おから、エリンギ、えのき、切り干し大根、小麦ふすま、干し柿、アーモンドなど(ダイエットに使い分けたい「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」 - マイクロダイエットネット(microdiet.net)

これらが含まれる食事と一緒にコレステロールサプリを摂取するのをなるべく控えましょう。

もし避けられない場合は、食事してしばらくたってから摂取しましょう。

というのも、コレステロールサプリに含まれるDHA・EPAは不水溶性食物繊維の影響が受けにくくなるからです。

一緒に食べると効果の半減する食材に気を付けて、DHA・EPAの効果を最大限に発揮させましょう。

【コレステロールサプリの効果的な飲み方】DHA・EPAサプリはどうして魚臭いのか

魚に含まれるトルリメチルアミンピペリジンという物質が魚臭さの原因になります。

DHA・EPAは魚油をもとに抽出されていますが、魚油にもこれらの成分がどうしても入ってしまうので、DHA・EPAサプリでも魚臭さが残ってしまいます。

▼魚臭くないDHA・EPAサプリ▼
人気のコレステロールサプリはこちら

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の魚臭さを感じない飲み方は、臭いを消す成分が入ってるDHA・EPAサプリを選ぶ

魚臭さを消したり紛らわせたりする成分が入っているサプリをおすすめします。

例えば、コレステロールサプリであるきなりは、以下のようにオレンジパワーを入れることで、DHA・EPAの魚臭さを消して飲みやすくしています。

このように、魚臭さを消す成分があることで、きなりは「臭くなくて飲みやすい」という声をいただいています。

またそのほかにも、DHA・EPAサプリを飲むときは水が理想ですが、魚臭さがどうしても気になってしまう場合は、お茶と一緒に飲むなどすると、魚臭さを大きく防ぐことができます。

コレステロールサプリ(DHA・EPAサプリ)の魚臭さは体臭にでてこない

DHA・EPAサプリを摂ることで魚臭さによる体臭は生まれませんが、口から出る息が魚臭くなるなっていることが、体臭が臭いと思われる可能性はあります。

魚臭さが体の中に染みついてしまうイメージをどうしてもしてしまいますが、魚臭さを消す工夫したサプリメント
と自身の飲み方を工夫すればほとんどの場合、体臭への問題はありません。

具体的には、魚臭さを消す成分が含まれたDHA・EPAサプリや、お茶と一緒に飲んだり、飲んだ後に歯を磨くなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です